FC2ブログ

ブログ副業の始め方は100記事作成することが第一歩

ブログの副業は記事を書かなければ始まらない


「運営するブログを収益化して副業にしたい」このような考えを持つ方は多いと思います。


サラリーマンや主婦・学生でも、誰でもブログを始めることができますし、実際にブログで稼ぐ人の存在も多く耳にしていると思いますので、「ブログの副業」に興味を持つ事は十分に理解できます。


しかし、ブログを開設したからと言って、すぐに稼げるようになるわけではありません。


そもそも、ブログ自体が稼げるツールではなく、運営するブロガーが稼げるツールへと作り上げていく必要がある事を理解しなくてはいけません。


その為には、ブログのテーマの選定やデザインの構築などを経た後に、いくつもの記事を更新していく地道な作業が求められます。


ブログは読者にとって有益となる記事が蓄積されていかなければ何の価値もありません。


アフィリエイトなどのネットビジネスなどで稼ぐ場合には、最低でも100記事以上のブログ記事が必要と言われています。


しかも、薄っぺらの記事を作るのではなく、テーマに沿った専門性の高い良質な記事が必要です。


充実した内容の記事を作成するには、それなりの文字数で文章を構成する事が求められるわけですが、明確な基準はないものの2000文字以上の記事が充実感を出せる1つの目安と言えるでしょう。


したがって、2000文字以上の記事をなるべく早く100記事以上にすることが、ブログ副業の第一歩と言えます。





なぜブログの副業に100記事必要なのか?


「ブログの成果を出すには100記事が必要」とよく言われるわけですが、100記事を作成したからと言って必ず収益化ができるわけではありません。


では、なぜブログの副業に100記事の作成が必要と言われるのでしょう?


検索エンジンは開設したばかりのブログはコンテンツが充実していない為、信頼性が低いものと判断してあまり評価してくれない傾向にあります。


記事を作り重ねてコンテンツが充実していく事でドメインパワーが増し、検索エンジンは徐々にブログを評価するようになっていきます。


内容の濃い良質な記事を作成していくのであれば、1日1記事程度が妥当な作業量と考えることができます。


約3ヵ月経過する頃には100記事の蓄積が見えてくるわけですが、ちょうどこの頃コンテンツの充実と同時にドメインにも力が付いてきて、検索エンジンからの評価対象となる可能性が高くなってくるのです。


したがって、ドメインパワーの強化とコンテンツの充実が100記事作成の時期と重なり、成果が現れやすい状況となる事から1つの目安とされているわけです。





ブログの副業に効果的な100記事を作る方法


ブログの副業で成果を出せないブロガーは、行き当たりばったりで記事作成している傾向が多くあります。


その都度テーマだけを決めて、思いのままにキーボードを叩き記事を作り上げてしまうのです。


勿論、このような記事の作り方でも、優れた内容の出来栄えで成果もしっかりと出せるブロガーはいるとは思います。


しかし、出来る限り根拠を追求しながらブログの成果に確実性を持たせたいのであれば、しっかりと記事の設計図を作る事が大切になります。


・記事テーマに対して十分な情報のリサーチをする

・個性を出しながらオリジナルの文章構成を考える

・明確なキーワードを選定する

・選定キーワードの調査をする

・記事のアウトラインを決める

・分かりやすく役立つ記事を記事を作成する


このようにして1記事1記事を作成していく事で、ターゲットとしたキーワードで検索上位を可能にし、更には読者からも支持される良質なコンテンツを作成する事ができます。


そして、設計図に従い後はひたすら記事作成に没頭する事で、早い段階でのブログの成長が期待できます。



『ブログの副業は計画段階で成功と失敗が決まる』





ブログの副業は長期継続で大きく育つ


100記事はあくまでも1つの目安であり、既に存在するライバルブログと競い合えるスタートラインと言えます。


したがって、100記事以上に記事を更新していく作業の継続は必要であり、常に読者へ最新の情報を届ける事が求められるのです。


だだ、ライバルブログに勝る状況を作り出せるようになれば、更新頻度は1か月に3~5回程度でも収益化を保つことは可能だと思います。


読者に対しても検索エンジンンに対しても、常に稼働中のブログである事のアピールがとても重要になります。


このアピールと共にブログは大きく成長していきます。


ブログの副業は、作り込むことで大きな収益化を可能にする貴重な資産となります。


ブログに愛着を感じながら大切に育てていきましょう。





まとめ


ブログの副業では、先ず100記事の作成が重要な意味を持ちますが、100記事を作成することでブロガー自身も大きく成長します。


ライティング技術やWEB制作・SEO対策の知識も豊富になり、ブログ開設当初とは違い、できる事も多くなり、更にチャレンジしたいことが増えるはずです。


ブログの副業は作り込むほどに面白さが増していきますので、是非、当ブログを参考にチャレンジしてみて下さい。




以上、『ブログ副業の始め方は100記事作成することが第一歩』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ブログで稼ぐ方法まとめ』

関連記事

ブログの副業は計画段階で成功と失敗が決まる

目的を明確にしてブログ運営の計画を立案する


アフィリエイトなどのネットビジネスでブログを活用する人は多く、毎月数十万円~数百万円にも及ぶネット収入を稼ぎ出すブロガーも多くいます。


但し、ブログの収益化を目指す人の母数と比較すれば、成功者は一握りと言わざるを得ません。


多くのブロガーは、殆どお金を稼ぐ事ができずに、途中で諦めてしまうことが多いのです。


では、しっかりと稼げるブログと稼げないブログの違いはどこにあるのでしょうか?


実は、ブログが稼げるか否かは、記事作成などを始める計画段階で7~8割方が決まってしまうと言っても過言ではないのです。


ただ漠然と記事を書き続けても、ブログで稼げるようにはなりません。


「誰に向けたどのような情報を公開していくのか」「読者にはどのようなメリットがあるのか」などを明確にして、先々に作成する記事の土台となる設計図を作らなければ稼げるブログは構築できません。


しっかりとブログ運営の計画立案をすることで、以下のようなメリットが期待できます。



ブログ運営の挫折を予防して長期継続を可能にする


計画性のないブログは、まだまだ作りの浅い段階でもネタ切れを起こしたりして、記事作成を苦痛に感じるような事態に陥る可能性があります。

計画を立てることで、コンセプトは明確になり、コンセプトに関連したキーワードを幾つも抽出することができるようになります。

それに沿って、個別記事のテーマを決めていけば、当面はネタ切れを防ぐことができ、ブログの長期運営に役立ちます。



類似コンテンツの作成を防ぎSEO対策に繋がる


他人の記事をコピペすることはSEO上マイナス評価を受ける可能性が高くなりますし、そのような行為はマナー違反です。

しかし、このような行為以外にも、自分で文章を考えて記事作成しているにも拘らず、ペナルティーの対象となる事があります。

以前作成した事を忘れて、内容が酷似するような、或は、意味合いが同じような記事を作成した場合もGoogleがコピーコンテンツと判断する可能性があるのです。

このような似たような記事を作成しない為には、やはり、作成以前にブログ運営の計画を立てることが大切であり、後にSEO対策としても役立つと言えるでしょう。



価値ある適切な情報発信ができる


しっかりと計画を立ててからブログの作成作業を開始することで、コンセプトに沿った軸のブレないコンテンツが出来上がっていきます。

既に計画したテーマを考慮しながら内容の濃い個別記事を作成していく事で、ブログの更新を繰り返すほどに専門性の高いコンテンツが出来上がり、価値ある適切な情報が発信できるようになるのです。

計画立案段階で想定した、ターゲットとなる特定の読者層が求めるブログ構築が実現できます。





ブログ運営の計画を立案する方法


遠回りせずにブログの収益化を可能にしていくには、以下の8つを明確にすることが求められます。


ターゲットとなる読者層を明確にする(年齢、職業、趣味、居住地域、関連する悩みなど)


ブログの基本構造を設計する(トップページ、カテゴリーページ、個別記事の役割を明確にする)


ブログのメインコンテンツを設計する(絶対に読んでもらいたいページへ読者が迷うことなく訪問できるようにする)

ブログのサブコンテンツを設計する(質の高いサブコンテンツを作成して数多く蓄積してロングテールが拾えるようにする)


キラーページの設計を考える(購入方法、比較、ランキングなど、成約に繋げることを目的としたページを考える)

ブログの必要記事数を算出する(ブログの設計段階で必要と判断したワードに沿って、30~50記事分のタイトルを仮決定する)


完成までの作業時間を算出して目標を設定する(必要な記事数算出と1記事あたりのボリュームラインを決めて、作業時間を明確にする)


収益目標を設定する(マインドを高める意味合いも含めて将来像を明確にする)





まとめ


ブログ運営の計画立案と言っても、そもそも知識や経験がなく手探りの状態でブログやアフィリエイトを始める人が多いと思います。


そのような方にも、私の経験を基にできるだけ早く成果に繋げられる計画立案を考えてみました。


是非、参考にしてチャレンジしてみて下さい。




以上、『ブログの副業は計画段階で成功と失敗が決まる』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ブログで稼ぐ方法まとめ』

関連記事

1万~2万円ならブログ初心者でも簡単にネットで稼げる

月に1万~2万円程度なら初心者でも簡単に稼げる


初心者ブロガーがネットでお金を稼ごうとしても「先ず、何をすれば良いのか?」「本当にブログでお金が稼げるようになるのか?」と、先が見えない初めての取り組みである事から、疑問や不安が常に頭を過る事でしょう。


しかし、ブログでお金を稼ぎ出す為にやるべきことは意外と簡単で、初心者でも月に1万~2万円程度であれば、比較的早い段階で成果を出すことができると思います。


但し、ブログで成果が出せる比較的早い段階とは、3か月程度の期間の事であり、始めてから1日や1週間で成果が出せると言うものではありません。


そこまでの期間や労力に対して「1万~2万円では少なすぎる」と思う方もいるかもしれませんが、ブログの収益化に成功した後は、少ない更新作業でも継続的な収入が見込めますし、更に大きな収益へと拡大していく取り組みもできます。


キャッシュマシーンと化したブログは、あなたにとって大きな財産になるはずなのです。






ブログで稼ぐ為に初心者がやるべき事


ブログでお金を稼ぐ方法として、多くのブロガーはアフィリエイトへの取り組みに傾倒しています。


アフィリエイトは簡単に説明すると、個人でも出来る広告代理店のようなものです。


ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)へ登録したら、自分のブログのコンセプトにマッチした稼ぎやすい広告を選択して、広告に掲載される商品を紹介していくのです。


※関連記事⇒『A8netが初心者でも稼げる理由』


ブログを訪問したユーザーが、広告をクリックしたり、登録・契約・購入などのアクションを起こすことで、成果報酬が得られるわけです。


したがって、ブログでお金を稼ぐ為に初心者がやるべきことは、兎に角、多くの記事を作成することです。


読者にとって有益となる内容の濃い記事を、沢山作るのです。


基準としては、1記事あたり1500文字以上を意識して、毎日2~3記事を蓄積することが理想です。


この作業を3か月程度継続すれば、およそ180記事~270記事が蓄積される事になり、他のライバルブログと勝負できるくらいのページ数を確保することができます。


勿論、このような取り組みを3か月間継続することは大変な作業です。


しかし、大変ではありますが、やるべきことは決まっているわけですから、実行したブロガーとそうではないブロガーの差は顕著に現れることになります。


地道な作業に3か月間集中できるブロガーは、将来不労所得を稼ぎ出すキャッシュマシーンを手に入れることができます。


※関連記事⇒『ブログ記事を魅力的にみせる5つの秘訣』






1万~2万円が稼げるようになったらやるべき事


ブログで1万~2万円のお金が稼げるようになってからの取り組み方には、2つの選択肢があります。


・1万~2万円を稼げるブログの量産

・1つのブログで稼げる金額を拡大



基本的におすすめは「1つのブログで稼げる金額を拡大」することです。


ブログで稼げる金額は、構築したブログの内容によって異なりますが、1万~2万円程度であれば、まだまだ成長過程の最中と考えて良いと思います。


更に記事を書き貯めながら、コンテンツの質を高める取り組みや、SEO対策を施しながら、ブログの集客を増やしていきましょう。


1ブログの収入増加が鈍化してきたと感じてからでも、量産体制は遅くありません。


先ずは、1つのブログで出来る事、学べる事をしっかり終えてから、更にクオリティーの高いブログの構築へと進むことが理想的です。


※関連記事⇒『高品質なブログの量産化をするには』




以上、『1万~2万円ならブログ初心者でも簡単にネットで稼げる』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ブログで稼ぐ方法まとめ』

関連記事

ブログ記事をSNSで共有してもらう為の5つの取り組み

ソーシャルサイトからの拡散は有効なSEO対策


ネット収入を得る為には、ブログやホームページのようなWEBサイトやメールマガジンなどのツールを活用し、販売力ある自身の媒体へと構築していくことが必要となります。

但し、各種あるツールの中からどれか一つだけ選択し、単体で稼ごうとした場合には、媒体の宣伝効果が見込めず、期待できる結果へと繋げることができない非効率的な状況となります。

メインとなる媒体のツールを選択した後も、インターネット上で有効な他のツールと上手にリンクさせることが必要不可欠となりますし、リンクさせるツールの管理も重要視すべき項目の一つとなります。


では、どのようなツールとリンクさせることが有効となるのか?


先ず、無難な選択は多くのユーザーへ浸透していて、初心者でも比較的扱いやすいものが良いのではないかと思います。

多くのマーケッターはメイン媒体とのリンクで、ツイッターフェイスブックなどのソーシャルサイトを選択しています。

今、あなたが何らかのWEBサイトを活用してネット収入を得ようと考えているのであれば、個人的な好き嫌いに関係なく、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルサイトについて工夫しながら利用価値を高めていくことは必須と言えます。

仮に「他のツールとのリンクが面倒」とか「流行りのソーシャルサイトは嫌い」と言うような理由で取り組みを疎かにした場合には、取り組みを実行している人に比べ確実に新規の読者獲得数は少なくなってしまうはずです。


実際にソーシャルサイトとリンクさせることで、どんなメリットが生じるのか?


細かなものも含めメリットは数多くあるのですが、最大のメリットは他の利用ユーザーの力を借りながらWEBサイトなどのメイン媒体を共有してもらうことで広範囲の拡散が期待できると言うことです。

知名度が高く利用者の多いソーシャルサイトからあなたのブログを拡散してもらうことは、下手なSEO対策よりも有効に働きますし、検索エンジンに対しても個別ネットユーザーに対しても強力なアピールをすることが可能となるのです。




ソーシャルサイトで記事共有してもらう為の取り組み


1、掲載するアイコンの数は少なめにする


ソーシャルサイトでシェアしてもらう為に最も楽な方法はボタンの設置です。
ソーシャルボタンの設置は無料ブログでも標準機能として装備されているものも多く、初心者でも簡単にできます。
作成した記事の中には必ず設置することをお勧めします。
しかし、あまりボタンやそれ以外のリンクをあまり数多く設置し過ぎても、読者は選択肢が多すぎて逆にクリックしてくれなくなります。画面上に多くとも2つ、若しくは3つ程度の設置を心掛けましょう。




2、各ソーシャルサイトでネットワークの特徴を把握する


色々なソーシャルサイトがありますが、全てのサイトでブログや個別記事の宣伝を頼むことはあまり良い方法とは言えません。
運営ブログやメルマガの読者が利用していそうなサイトのみを選択し宣伝を頼むべきです。
ツイッターやフェイスブックは私のブログ読者も利用が多く、最も無難なサイトと言えます。




3、リツイートをお願いする


ツイートの中に「リツイートして下さい」と加えるだけで、その確率は4倍高まると言われています。
一言加えるだけで4倍です。効果は絶大と言えるのではないでしょうか。




4、ブログ読者へ助けを求める


ブログ記事の最後で「お好みのソーシャルネットワークで記事をシェアして下さい」と助けを求めることで、効果が期待できます。
但し、あまり頻繁でしつこいと逆効果を生む可能性もありますので注意して下さい。




5、イベントの開催・参加で友達・フォロワーを増やす


フェイスブックでイベントを開催したり、他のソーシャルサイトでコミュニティを作成したりして友達を増やしましょう。
また、あなた自身がイベントやコミュニティへ積極的に参加することも効果的です。
当然、ネットワークが広がれば広がるほど様々な場所でシェアしてもらえる可能性は高まります。




以上、『ブログ記事を共有してもらう為の5つの取り組み』を紹介しました。

ブログやメルマガの読者もフェイスブックの友達もツイッターのフォロワーも、私達にとっては数が多ければ多いほどビジネス展開を拡大できる貴重な財産になります。

この記事を参考に是非あなたも幾つかのソーシャルメディアをリンクさせ、ネットワークの拡大を試みて下さい。

※ソーシャルメディアについての関連記事
『ソーシャルメディアどれが一番稼げる?』
『ソーシャルメディアで稼ぐ為に必要な5つの基本』
『フォロワー増加に必要な8つの方法と7つの無駄』
『ツイートボタンを設置するだけで7倍の効果が実証』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ブログで稼ぐ方法まとめ』

関連記事

ブログ記事へ引き込むキッカケを作る10の技法

魅力的なタイトルこそが読者を引き込むキッカケ


あなたは書店に並ぶ書籍やネット上の検索結果を見て、「この本(或は記事)の内容をもっと知りたい」と言う想いに駆られたことはありませんか?

書店に出向いた目的も、或はネットで検索した目的も、本来別の事であったにも拘らず、目的外のものを目にして何らかの感情が刺激され、ついつい本筋から外れて引き込まれてしまうことは誰しもが経験しているはずです。

デザインや活字を目にし興味を抱く感情は人それぞれ異なります。
しかし、なぜか多くの人が同じようなデザイン、或は活字に目を奪われてしまうのは何故か?

そこには幾つかの共通点が存在します。


私達は雑誌やネット上のWEBサイトへ目を通している時に、目に飛び込んだ状況から何らかの判断材料を得て、記事の中身まで読もうか、或はスルーしようかを決断します。

その判断材料とは画像タイトルパッと見の記事(文章)の長さなど、共通する幾つかに絞られます。

中でも、魅力的と感じられたタイトルについては、読者を記事へ引き込もうとする最も強力な力を持っています。

例えば、見栄えしないタイトルでは記事内容がどんなにすばらしいものでも、読者を引き込むきっかけを失ってしまう可能性が高くなりますし、逆に記事内容が平凡的なものであったとしても、タイトルの魅力で読者の興味を喚起し他のサイトとは差別化を図ることも可能になってくるのです。




読者を引き込むタイトルの作り方


1、メリットをアピールする


記事を読めばどのような有益な情報を入手できるのか、或は記事を読むことによってどのような事を学べるのかをタイトルでアピールするれば読者は興味を示します。



2、分かりきったことでも繰り返す


常識的な事を含めたQ&A形式の記事や、特定の情報のまとめ記事などは人気を集めます。
全てが目新しい内容でないものでも十分に利用価値はあるのです。



3、根拠を示せるデータは信頼を得る


記事の情報を裏付けるデータを持っているなら、タイトル内でその文言を活用すべきです。



4、検索エンジンよりも人を優先する


検索上位表示の為に有効なキーワード選択ばかりを意識していると、タイトルが味気ないものになってしまうことがあります。
タイトルを目にするのも記事を読むのも人です。人が読んでどのような感情を抱くかを先ず優先してタイトルを作成しましょう。



5、緊迫感で行動を喚起する


期間を限定することで人は行動力を掻き立てられます。「無料提供終了まで残りわずか!」のようなタイトルは読者へ緊迫感を与えるのです。



6、凡人以下でも可能な事をアピールする


人は楽であることや簡単な事を好みます。反面手に入れられるものは特別なものや高価なものを好みます。
このような特徴を活用すると、例えば「だらしない人でも稼げる驚異の錬金術」のようなタイトルも十分に利用価値はあるのです。



7、読者の感情へ訴える


人間は感情によって行動を左右されます。読者の感情を刺激するタイトルは多くの注目を集めることができるのです。



8、失敗例を活用する


私達は誰でも多かれ少なかれ失敗経験があります。
今注目されているものや、興味あるものに対しての失敗談は例え他人の事であっても活用する価値はあります。
「ある有能な経営者が破産に追い込まれた痛恨のミス」のように自身の事ではなく、他人の情報を入手したものも活用できるのです。



9、問いかけで好奇心を掻き立てる


私達人間は本来好奇心旺盛な生き物です。
タイトルを読者に向けた質問形式にすることで、好奇心を掻き立て記事を読んでもらえる可能性は高まるのです。



10、各要素を二重にして活用する


1~9の要素を幾つか選択し二重、或は三重の活用をすれば、効果も二重、三重で期待できます。
例えば「失敗の理由が明らかになったおかげで、パソコンが苦手だった私にもできた超シンプルな稼ぎ方!」のようなタイトルです。




以上、『記事へ引き込むキッカケを作る10の技法』を紹介しました。

私達ブロガーにとって魅力的なタイトルを作り続けることは決して簡単な事ではありませんが、この10の技法を参考にして有効なコンテンツマーケティングを意識して頂ければ幸いです。

※テーマ・文章作成には以下の記事も参考にしてみて下さい。
『優れたライターに必要な35の鉄則』
『ブログ記事を魅力的にみせる5つの秘訣』
『読者を説得する記事作りのポイント5つ』
『購買意欲を喚起するストーリーの作り方』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ブログで稼ぐ方法まとめ』

関連記事