広告量は必要最小限に抑えることが稼ぐコツ

多くの人がWEB広告を邪魔だと感じている現状


初心者アフィリエイターが失敗する原因として、よく見られる傾向の一つが「掲載広告を必要以上に設置してしまう」と言うことなのです。

「沢山の広告を貼っておけば、どれか購入してくれるだろう!」
「広告の数が多い方が成約の可能性も高くなるだろう!」


と、ブログへ訪問するユーザーのことよりも、安易に自分の利益だけを優先させてしまった結果、過剰なアフィリエイト広告を設置してしまうのです。


アフィリエイトにチャレンジしたことがある人は「自分にも思い当たる節がある」と言う人もいるでしょうし、アフィリエイト経験がない人でも「広告だらけのサイトを目にしたことがある」と言う人も多いのではないでしょうか?


売上に直結するものだからと言って、過剰なまでにアフィリエイト広告を設置し過ぎると、訪問ユーザーが欲している情報量が乏しくなる可能性がありますし、サイトのコンセプトが解り辛く更に押し売り的なイメージすら与えかねません。

ある調査結果では、ネットユーザーの多くはサイトやブログへ掲載されているWEB広告に対し「邪魔」と感じているとのことです。

なぜかと言うと、ネットユーザーは何らかの目的があり、何らかの有益な情報が欲しくてサイトやブログを訪問するわけですから、目的以外のものは「邪魔」なものと感じてしまうようなのです。


アフィリエイト広告は利益に直接繋がるツールではありますが、ブログを活用してアフィリエイトで稼ぐには、どのようなコンセプトのブログで、どのような情報発信をしているのかを明確に示すことが重要です。

更に読者の人気を得るには、発信している情報が訪問したユーザーに有益なものでなくてはいけませんし、解りやすいものである必要があります。


ブログを利用してアフィリエイトで稼ぐなら、訪問してくれたユーザーは広告を探しにアクセスしたわけではないと言うことは大前提として理解しておく必要があります。

したがって1ページに掲載する広告は必要最小限に抑え、訪問ユーザーが求めるものを探しやすいようなブログ構成にすることが、結果的には稼ぐコツであると言えるのです。





どの程度が滴定な広告量と言えるのか?


ネットユーザーの心理状況として、いくらWEB広告が「邪魔」と感じているからと言って、アフィリエイターとして稼ぐには広告掲載ゼロでは当然売上が発生しませんし、意識しすぎて極端に掲載を少なくしてしまえば効果が半減する可能性もあります。

意味もなくアフィリ広告を沢山掲載するのではなく、適正な量で掲載することがポイントとなるわけですが、実際どの程度の掲載量が適切なのでしょうか?




大手ポータルサイトを参考にしてみる


先ず、トップページの広告掲載量はYahooのようなポータルサイトを参考にすると良いでしょう。
Yahooを見てみると、掲載している広告はインパクトがあるのですが、サイト全体の構成を見ると広告の占める割合はかなり少なめなことに気付くはずです。

やはりYahooの利用者も広告を見るためにアクセスしているわけではないのですから、サイトのコンセプトを重視して、広告は効果の高い位置へ最小限に抑えながら掲載しているのです。




個別記事には無理に広告を掲載しない


次に個別ページについてですが、この場合は各記事は良質なコンテンツでなければいけません。

良質なコンテンツを作成しようとするのであれば、1記事1テーマが基本となります。
となると、1テーマに関連するアフィリ広告限られてきますし、時にはテーマに関連するアフィリ広告が無い場合もあるでしょう。

ポイントは無理に広告を掲載しようとせず、伝えようとしていることを重視したバランスの良い構成を心掛けることです。




以上、『広告量は必要最小限に抑えることが稼ぐコツ』を紹介しました。

大手企業の人気サイトや人気アフィリエイターのブログなどを参考にすることで、どの程度の広告掲載量が適正かが見えてきます。

特に大手企業のサイトは、その業界のプロが様々な検証結果を基に最も効果的な作り方をしていますので、どのサイトもほぼ同じような割合で構成されていることに気付くはずです。

先ずは、訪問ユーザーから自分のサイト、ブログに対し満足してもらうことを第一に考えて適正な広告量の割合を常に念頭に置きましょう。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『アフィリエイトで稼ぐ方法まとめ』

関連記事

販売力あるメール文章の作り方とは

2つの難関をクリアできれば効果が発揮できる


Eメールを活用したネットビジネスはプッシュ型のマーケティング手法の代表格と言えます。

メルマガを発行しアフィリエイトなどのビジネスを展開したり、無料オファー無料レポートでメールリストを収集して、Eメールで有料商材を販売したりする手法があります。

このようなEメールを活用したビジネス手法は、しっかりとノウハウを学び戦略的に展開すれば、売上を拡大させる大きな効果が期待できます。

また、インバウンドマーケティングの代表格であるサイトやブログ運営と連携して、個別のメールリストへ情報の拡散や販売活動を展開できるアウトバウンドマーケティングを組み合わせる事で、更に乗数倍の効果も期待できるのです。


但し、前提としてEメールを効果的に活用するには大きな2つの難関をクリアできなくてはいけません。




第一の難関とは


先ず、第一の難関は受信したメールを開封してもらうことです。

現代のインターネット社会では情報を集めに行ったり、逆に情報を届けてもらったりする為に、わざわざ体を動かす必要がなくなりました。
通信環境と通信機器さえあれば、自宅に居ながら誰でも簡単に様々な資料を収集したり提供することが可能になったのです。

便利な世の中にはなったのですが、一方でEメールの受信箱は溢れかえり、ろくに目も通さず即ゴミ箱や迷惑メールフォルダへ直行、と言う感じで逆に整理しきれず煩雑な状態になることも珍しくありません。

このような状況下で第一の難関であるメールの開封を促すには、開封以前に必ず目にするテーマを魅力的なものにする事が重要課題となるのです。

第一難関クリアの為には『メール開封率をアップさせる4つの方法』で詳しく説明していますので参考にしてみて下さい。




第二の難関とは


少し大ざっぱな括りではありますが、第二の難関はやはりメールの中身です。

魅力に欠けるメール文章であることは、魅力に欠けるテーマであることよりも深刻な事態を招きます。

テーマは開封を促すために都度工夫して変えることが可能なのですが、もしメールの中身が、読者が飽き飽きしてしまうような文章ならば、次回以降いくらテーマを工夫しても「メールの中身がつまらない送信者」と決めつけられいくらテーマが魅力的でも二度と開封されることはなくなるでしょう。

それこそ、即ゴミ箱行き、即迷惑フォルダ行き、即登録解除のいずれかの運命をたどることになるのです。





メール文章は親友へ宛てる手紙のように


Eメールを受け取った時あなたが嬉しいと感じるのはどちらでしょうか?

1、仲の良い友人からのメール
2、セールスが明らかである企業からのメール


嬉しいと感じるのはやはり友人からのメールではないでしょうか。
受け取った段階で嬉しいと感じ、更に早く中身を読みたいと感じるでしょう。
そして、その内容が悪意あるものでない限り、親友から宛てられた好意的なメールに更に嬉しさが増すのです。


何を言いたいのかというと、あなたが作成しているメール文章は大勢の人を対象としたものなのか、一人を対象としたものなのかと言うことです。

勿論、実際には個別一人一人へ別々のダイレクトメールなどを作成して送信するわけではありません。
一つの文章を、多くのユーザーへ送信するわけです。

しかし、数多くのアドレスへ送信したメールも宛先側のユーザーがメールを目にし、読む時は一人です。

つまり、あなたが持っているメールリスト全体に話しかけるのではなく、一人へ話しかけるかのような文章を作成し送信することで、より親近感や特別な感覚が生まれ最後まで読んでもらえる可能性が高まるのです。

礼儀正しい口調で敬意を払い、大切な友人へメールを送るつもりで文章を作成すれば、あなたと読者の間にはいずれ信頼が生まれるでしょう。





販売力を増す7つのポイント


私達がメルマガの発行やEメールの送信を行うのは、単純な楽しみの為にやっているわけではありません。
ビジネスの一環としてメールを活用し、売上の増加を期待しているわけです。

したがって、読者が役立つ情報を提供し、信頼関係を築き、そして読者が納得する状態で私達の望むアクションを起こしてもらう必要があるのです。




1、読者の準備が整う前に販売しない


先ずは、読者が信頼する情報発信者にならなくてはいけません。
信頼関係が構築されれば、読者は迷わず購入の決断をしてくれるでしょう。
信頼構築以前に販売を焦ってはいけないのです。



2、あくまでメリットを強調する


私達は読者の立場になって、信頼できる情報を届けることが優先されます。
商品を直接売り込むのではなく、商品提供に伴うメリットを販売する事を心掛けましょう。



3、読者が見逃しているものを示す


多くの人はリスクを避けようとします。
不便、異常、複雑を避けたがる読者に対して、私達は読者がリスクを避けられるように手助けしなくてはいけないのです。



4、定型的なメールの作成にこだわらない


定型的なメールの作成方法に縛られると、機械的で読者のとってつまらないものになる可能性があります。
あまり、固く考えずに読者の立場になって、読者が楽しめるメール作成を心掛けましょう。



5、目的に向かった導線を構築する


結果的にはセールスメッセージに繋がる興味深いストーリーの構築は大きな効果をもたらします。



6、複数のリンクを挿入する


読者の回遊時間を長くし、更に興味を引く為にも、複数のリンクを挿入しましょう。
クリックするチャンスが増えれば、販売へ繋がるチャンスも増えます。



7、明確な行動換気を加える


強制するのではなく、読者へ次に何をしてもらいたいのかあなたの希望を明確に伝えましょう。
そして購入することが得策である理由を読者に思い出させるのです。




以上、『販売力あるメール文章の作り方とは』を紹介しました。

今回の記事に記載した事は、メールに限らずサイトやブログの記事作成にも重要なポイントとなります。

私達は自分の発信する情報に目を止めてもらう為に、読者の貴重な時間を頂いています。
折角頂いた時間を、少しも無駄にしない努力が常に必要となるのです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ネットで稼ぐ方法まとめ』

関連記事

在宅ワーク詐欺に巻き込まれない為の基礎知識

人気が高いからこそ詐欺商法の的になる


在宅ワークと一口に言っても、その種類は色々あるわけですが、私達の中にネット社会が浸透していくにつれて、人気の在宅ワークの様相も大きく変わってきました。

今は殆どの家庭にインターネットを接続できる環境とパソコンがありますから、自前の通信回線と通信端末を使いながら、すぐに始められる在宅ワークがとても多くなっていますし、在宅ワークの人気上位を占めています。

パソコンを使った人気の在宅ワークを挙げてみると、

・データ入力
・ライター/コピーライター
・テープ起こし
・経理
・アンケート集計
・企画書/プレゼン等の資料作成
・WEBチェック/WEB監視


などがあります。

これらは、パソコンスキルやWEBの知識が特別高くなくても始められたり、今までの事務職経験を活かして始められたりします。


また、特殊な技術やWEB系のスキルが高い人であれば、

・WEBデザイナー
・ソフト開発/プログラミング
・CAD
・翻訳
・ネットワーク管理


などのより高額報酬が見込める在宅ワークで稼ぐことも可能になってきます。


このようにネット社会の浸透によって幅広い分野で選択肢の広がった在宅ワークは、育児や介護など何らかの事情で外で仕事をする事が困難な方々にとってはとてもメリットがありますし、単純に「自宅で仕事がしたい」と考える方にとっても魅力的と言えます。


しかし、この人気の高い在宅ワークを利用し、高まる需要を逆手にとった悪徳な在宅ワーク商法も多く存在します。


他の従業員とのコミュニケーションがとれたり、社内環境を観察できたりする、通常の会社への就職とは全く違い、在宅ワークは請負的に仕事の契約をするのが殆どです。

仕事欲しさに、在宅ワーク斡旋業者や業務依頼を受ける会社をあまり知らないまま契約したりして、後々金銭的なトラブルが発生することも少なくありません。


「初心者でも簡単に稼げる」「スキルも知識も不要」などの触れ込みで在宅ワークの勧誘をしてくる業者の中には、悪意を持って勧誘してくる業者もあります。

そこで今回は、トラブルに巻き込まれない為にも事前に注意しなくてはいけない点や、万一トラブルに巻き込まれてしまった時の対応についてなどをお話ししたいと思います。





内職商法・資格商法に要注意


内職商法とは・・・
内職商法は、仕事を始めるに当たり、専用の通信機材や教材、システム使用料など初期費用が発生する仕事です。
スキル不足の初心者でもOKの在宅ワークに多く見られ、費用は数十万円も掛かるものが殆どです。
実際には仕事は殆ど無く、あったとしても低単価の仕事ばかりで、初期費用の回収すらできない業務量なのです。
手作業の内職などで、登録費用が発生する在宅ワークは、殆ど内職商法と考えて良いと思います。



資格商法とは・・・
資格を取得すれば仕事を斡旋すると言って、資格取得の為に数十万円もの費用を要求してくる業者です。
就業するにあたって、法的に資格の取得が義務付けられているもの以外で、仕事前に資格取得を強制するところは要注意です。



まともな在宅ワークの斡旋業者ならば、お金を稼ぎに来た人へ稼ぐ前にお金を要求するようなことは考え難いと思いませんか?

仮にセミナーや養成講座のような有料のサービスがあったとしても、内容が明確になっているはずですし、参加は本人の選択に任せるはずですし、いきなり入会費の要求をしたり、何かの購入を仕事を始める条件にしたりする事自体怪しい証拠なのです。

会社の情報や他の在宅ワーカーの情報がオープンになっている斡旋業者を選択し、更に評判などをネットで検索したりして、しっかりチェックするようにしましょう。





もし悪質な業者に関わってしまったら


万一、高額の教材や機材を買わされてしまった場合などは、クーリングオフの手続きをとりましょう。
初期費用が必要になるもの全てがクーリングオフの対象となりますので、先ず落ち着いて契約書を確認して下さい。
仮に契約書に記載されていないとしても、8日以内はクーリングオフの手続きが可能です。

そして、もう一つ多いトラブルが、業務完了したのに報酬が支払われないと言う金銭的なトラブルです。
この場合は、在宅ワークの斡旋業者と仕事を依頼した企業と在宅ワーカーの間で取り交わされた契約内容によっても、対応は異なりますので、就労問題を専門に扱っている専門家へ相談した方が得策です。




以上、『在宅ワーク詐欺に巻き込まれない為の基礎知識』を紹介しました。

在宅ワークを始められる方は参考にしてみて下さい。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『在宅ワーク/内職で稼ぐ方法まとめ』

関連記事