ネタ切れから脱出する12の秘訣

視野の偏りはネタ切れの根源


ブログ運営を長く継続している人の殆どは、ネタ切れで頭を悩ませた経験があるはずです。

多くの記事を作成していれば、日記や趣味を綴ったブログでさえ「今日は何の記事を書こう・・」と悩むことがあるわけですから、これが私達のようなブログでネット収入を得ようとしている者にとっては、良質なコンテンツの作成やコンセプトに沿った記事内容を意識せざるを得ない為、制限される項目も多くなりネタ切れを起こしやすくなるわけです。

更に、SEO対策の為の有効なキーワード選定や、読者を引き付けるコピーライティングなど、テクニック面での能力が向上すればするほど、一記事の作成に制限される項目は増えます。


しかし、テクニックが身に付いていくことこそが、ネタ切れを起こす原因になっていることも少なくありません。


「もっと読者の興味を引くテーマにしたい」「もっと読者が精読できる魅力的な記事を作りたい」と読者を第一に考えてブログ構築を追求すること自体は、私達ブロガーにとってとても大切なことなのですが、経験の中から出来上がった自身のブロガーとしてのスタイルのような枠組みから抜け出せなくなっては、偏った発想しか生まれなくなってしまうこともあるのです。

ブロガーとしての独自のスタイルも読者受けするテクニックも、思考領域が狭くなってしまった状態の中では、使い道が限られてきます。

逆に言えば、無意識に身に付いたスタイルやテクニックに拘るあまり、思考領域を狭める結果となっているのかも知れません。


ネタの探し方はブロガーによって千差万別ですし、運営するブログのコンセプトなどによってもネタの探し方が異なることもあるでしょう。


もし、ネタ切れだと感じたら「視野が狭まっているのではないか?」「何かに固執しすぎているのではないか?」と客観的に自分を見つめ直してみて下さい。

独自スタイルの呪縛から解放されるだけで、案外自分の周りには良質のコンテンツを作成できるネタがゴロゴロ転がっていることもあります。

「今までなぜ気付かなかったのか・・」と目から鱗の状態になることもよくあることなのです。





ネタ切れから脱出する12の秘訣


日常をネタにする


1、自分や読者が困っていることはないか
自分や読者、或は友人が今困っていることはありませんか?
人間は共通の悩みを多く抱えています。その悩みや解決方法をネタにすることで共感が持てる記事作成ができるかもしれません。


2、実は新たな発見をしていないか
今までのブログ運営やネットビジネスで発見したノウハウなどはありませんか?
また、日常生活の中でも日々何かしらの行動をしていれば発見はあるはずです。
気にも留めなかったことでも、記事にしてみると読者にとって大きな発見になる可能性もあるのです。


3、自分の習慣を見直してみる
あなたにとって普通のことでも、他人にはとても有益な情報になることもあります。
なぜ習慣になったのか、どのようにすれば今後習慣にできるのか、なども記事内容に加えながら魅力的な記事を作成してみましょう。




自分のブログからネタを得る


4、過去の記事を見直す
過去の記事は情報が古くなっている可能性があります。
そんな時は、新たな情報を基に記事を作り直しましょう。また、定期的に記事を見直すことで新しいネタが思いつくことも少なくありません。


5、検索キーワードを見直す
あなたのブログがどのようなキーワードで検索されているのか、或はキーワードツールで現状の人気キーワードは何なのか、などを確認しましょう。
あなたが書くべきテーマそのものが見つかるかも知れません。


6、アンケートをとってみる
読者が必要とする情報が何なのか?それは読者自身から入手することが最も手っ取り早いと言えます。
運営ブログを活用してアンケートを実施して、読者の欲している情報や傾向を入手してみましょう。




定番ネタを記事にする


7、比較対象を探してみる
人気ある旬の物品や情報をピックアップして比較・検証を記事にしてみましょう。
購入や契約を検討しているユーザーにとっては有益な情報となります。


8、クイズを出題する
クイズを出題することで読者と一体感が持てるようになりコミュニケーションが図れます。
また、回答を後日記事にすることで記事数を増やすこともできます。




自分以外ののブロガーを参考にする


9、他のブログ記事から情報を入手する
あなたのサイトと類似するジャンルの記事を読んでみましょう。
良質な記事であればあるほど様々な気付きを得られるはずです。


10、他のブログ記事へコメントする
あなたが興味ある記事には積極的にコメントしてみましょう。返信コメントから得られる情報もあるはずです。
また、ブロガー同士のコミュニケーションも図れるので一石二鳥です。


11、良質の記事やブロガーを紹介する
あなたが本当に有益と感じた記事や、リスペクトできるようなブロガーを紹介した記事作成もネタ作りの手法の一つです。


12、更に詳細な記事を作成する
他のサイトの記事より、あなたの方が実績やノウハウがあるのであれば更に詳細な記事作成をしてみましょう。
同類のテーマでより完成度の高い魅力的な記事作成ができるかもしれません。




以上、『ネタ切れから脱出する12の秘訣』を紹介しました。

是非、参考にしてみて下さい。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ブログで稼ぐ方法まとめ』

関連記事

ネット評価で優良な求人募集を探す

前提として優良企業であることが最も大切


昔は求人情報を求めてハローワークや求人情報誌・新聞などで希望の職種を探していたわけですが、今はインターネットを介して就職や転職をサポートしてくれる色々な機関へ登録することで、多くの情報を入手できる便利な時代になりました。

在宅ワークや内職についても同様で、当然仕事探しはインターネットを介して出来ますし、仕事自体がパソコンやインターネットを利用したものが多くなっていますので、実際の業務を開始するまでに全て自宅に居ながら完結することも可能なのです。


しかし、このような誰でも気軽に始められることを逆手にとって、ネット上の求人情報の中には一部の悪質な企業が存在しているのも事実です。
大きな被害では過去にはニュースに取り上げられるほどの事件も発生しています。

勿論、これは一部の良からぬ企業の話であって、在宅ワーク・内職を提供してくれる優良企業は沢山ありますし、しっかり仕事をこなして大きな収入を得ている在宅ワーカーも大勢います。


このような一部の悪質な企業に引っかからない為には、仕事を求める側も事前に優良企業であるか否かをしっかり見極める必要があります。

在宅ワーク・内職業界の現状や仕事選びの注意点を把握した上で、求人を探すことが大切なのです。

※関連記事
『詐欺紛いのデータ入力求人募集DMには要注意』
『在宅ワーク詐欺に巻き込まれない為の基礎知識』


インターネットの良いところは誰でも簡単に情報提供することができ、更にその膨大な情報を誰でも閲覧できることです。

ネット上に良い求人も悪い求人も掲載されているのであれば、その良し悪しの評価・評判も概ねネット上に情報提供されています。

求人情報を掲載している会社のホームページなどで企業情報を調べるだけでなく、実際に求人情報を利用した方々の評価・評判を確認し優良企業か否かの判断材料とするだけでもトラブルに巻き込まれる確率は下がるはずです。


仕事の内容や報酬面で魅力的な広告を出していても、先ずは前提として優良企業であることが最も大切なのです。





お勧めできる在宅ワーク紹介サイト


私自身も過去に数社の在宅ワーク斡旋業者から資料請求して、まだネット収入が安定していなかった頃は短期間でしたがデータ入力業務などの仕事を試した経験があります。

今は資料請求などせずに、ネットで簡単に会員登録ができ色々な仕事を選択できる在宅ワークのマッチングサイトも多くなってきていますが、中でも私がお勧めしたいのがシュフティです。


シュフティは業務依頼している企業数は3000社を超え、元々パソコンスキルの高い人はかなりの高単価報酬が見込めると思います。
パソコンスキルがあまり高くない人であっても依頼企業が多いので、自分に合った業務をこなしていくことは可能です。

「今までのスキルを在宅ワークで活かしたい」と言う人にとっても、「この機会に仕事をしながらパソコンのスキルを高めたい」と言う人にとってもシュフティはお勧めの会社です。


但し、最終的な判断や実際に仕事をするのは当然のことながら自分です。
ネット上の情報や資料請求などで入手できる情報を集め、他社との比較をしっかり自分の目ですることが大切ですし、不明な点は明確になるまで調べたり問い合わせたりすることで不安材料を払拭してから仕事を開始することが良いでしょう。
(資料請求は無料が当然ですし、仕事をする前に登録費用や教材の購入が必要となる在宅ワーク斡旋業者は論外です)

シュフティ





閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『在宅ワーク/内職で稼ぐ方法まとめ』

関連記事

得意分野で勝負することが稼ぐコツ

豊富な知識が良質のコンテンツを作り出す


多くのユーザーから好まれるアフィリエイトサイトを作り上げるには、掲載する広告に対して質の高いレビューや専門性の高い商品知識が必要不可欠です。

サイトへ訪問したユーザーに対し、購入や登録など何らかのアクションを促すわけですから、情報量が乏しく納得できない記事内容ではユーザーはアクションを起こすべき決断ができないのです。


但し、情報量が豊富な良質の記事を作成するには、その分野に対する豊富な知識が必要となります。

全く知識ゼロの状態から勉強するとなると、努力は勿論の事それなりの時間も必要となります。


アフィリエイト初心者が質の高い記事を作成する為には、今までに仕事や趣味で携わったことのあるジャンルの商材を選択することが理想的です。

また、物販アフィリエイトでは自身で購入し利用経験がある商品などの広告を掲載する事でも、質の高いレビューが作成できるでしょう。


勿論、有益な情報をユーザーへ提供し続けるには更に知識を蓄積して、バージョンアップした専門性の高い記事を作成していく必要があるのですが、初めてアフィリエイトサイトを作成する段階で、全く関わったことのないジャンルを選択するよりは、多少なりとも何らかの関わりを持った知識のあるジャンルの方が記事作成はスムーズに進むはずです。


専門性が高く情報量の多い記事はユーザーからも良質の記事として認識されますし、検索エンジンからも良質のコンテンツとして認識されます。





知識ゼロのジャンルでアフィリエイトサイトを作る


アフィリエイトの稼ぎを増やす為に効果的な方法の一つが、複数のサイトを運営する事です。

しかし、今までの知識を活かせるジャンルもサイトの数が増えるとネタ切れになってしまいます。
また、より高額の報酬が得られるジャンルやユーザーの需要が高いジャンルを追及していくと、やはり全く知識を持ち合わせていないジャンルに行き着くこともあります。

このような時にはやはり一から勉強するしかありません。
専門的な書籍を購入して知識を蓄積したり、インターネットで専門用語や関連する商材などを調べて勉強するしかないのです。

そして、勉強を進めることと同時進行で蓄えた知識を活かし幾つか記事を作成してみましょう。

初めてのジャンルでアフィリエイトサイトを作る場合は、先ずある程度の情報量が確保できるだけの記事作成に没頭することがポイントです。
纏まった記事数を確保してからサイト内のカテゴリを構成した方が、作業をスムーズに進めることができます。


このように全く初めてのジャンルでも、アフィリエイトサイトの構築を経験し且つ成果を挙げられれば、あなたのアフィリエイターとしての力量は既に中級者以上のレベルに達していると判断して良いでしょう。




以上、『得意分野で勝負することが稼ぐコツ』を紹介しました。

先ずは自分の得意分野でアフィリエイトへ挑戦し、ノウハウの習得や成功体験を経験してみて下さい。
そうすれば、記事を作成する為の情報収集のやり方や魅力的な記事作りの方法が身に付いてきます。

この成功体験を基にすれば、例え新たなジャンルへの挑戦でも成功へ導ける可能性は極めて高いものになるはずです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『アフィリエイトで稼ぐ方法まとめ』

関連記事

ネットで稼ぐ為に必要な目標設定とは

自分の能力を知りプラスアルファーの目標設定


ネットを活用したお金を稼ぐ方法は、インターネットの普及が浸透するにつれて、私達が思いもつかないほど多種多様になっています。

様々な稼ぎ方がある分、入り口は広まり初心者でも気軽にネットビジネスを始められる環境が整ってきました。

そのような中、始まりは気軽であっても、いざ「ネットでお金を稼ごう!」と決意したからには、誰しもが「いくら稼ぎたいのか」に思いを巡らせ、漠然とでも目標の収入金額を設定するのではないでしょうか?


ネットビジネスをこれから始めたいと考えているあなた、既にネットビジネスを経験しているあなた、具体的にどのくらいのネット収入を得たいと考えていますか?


因みに私の場合は「ネットで10万円程度稼げれば」と、それほど大きな欲はなく始めました。

ネットビジネス系の情報商材では過度な広告で、マーケッターを目指す初心者の心理を煽りますが、殆どの人は真に受けることなくあまり大きな期待は持たずに、切の良い数字を目標に始める方が多いようです。

・毎月小遣い程度(1万円~2万円程度)
・月10万円程度
・月100万円程度


恐らく、あなたが考えているネット収入の目標も3つのどれかに該当するではないでしょうか?

さすがにどんなビジネスでも、経験もノウハウもなしでいきなり月100万円を目標とするのは、少々飛躍しすぎていると思うのですが、ネットビジネスの情報商材の広告を見ていると「初心者でも毎月1000万円稼ぎ出す」「素人の私が年収1億円を稼ぎ出した」など、あまりにも大げさなものがある中で月100万円は初心者にとっては飛躍しているものの、全く不可能な数字ではないことも事実です。

私自身、大げさな広告に惑わされて高額の情報商材を購入し失敗した経験がありますが、それでも心のどこかでは今の自分の能力で現実的に稼げる金額は何となくわかっていたような気もします。

だからこそ、一時的に月1000万円や1億円のような巨額の数字が頭をよぎることがあっても、冷静に考えれば先ず月10万円程度の収入を目標にしようと思い直すことができたのでしょう。


実際にネット収入で生活できるレベルにまでなった現在、私のもとへはブログなどを通じ、ネットビジネスに関する多くの質問を受けます。

今までの数多く受けた質問の中で、「初心者でも毎月100万円稼ぐ為にはどうしたらよいですか?」とか「楽をして稼ぐ方法を教えて下さい」と言うようなあまりに漠然で飛躍しているようなものは受けたことがありません。

つまり、殆どの人は意外と冷静に現実を直視し客観的に自分の能力を判断して、「できることから始めよう」と考えているのだと思います。


ただ、現実的なものばかりに囚われて、何も悲観的な目標設定をする必要はありません。
ネットビジネスに対する期待や夢を乗せて少し大きめの目標設定でかまわないと思います。

大切なのは今の自分の能力を客観的に見て、どれだけプラスアルファーの目標を打ち立てるかと言うことです。

本当はわかっている自分の能力から目を背け、過剰な夢や希望だけで目標を打ち立てては、限りなく到達できる可能性が低くなってしまうことを理解してほしいのです。





実力が備われば飛躍した目標も達成できる


全くネット収入の経験がない人が、月1000万円や年収1億円のような収入を目先の目標とすることは無謀としか言いようがないわけですが、将来的な希望として大きな収入を目指すことは、向上心や情熱的な精神状態を保つ為に必要な事でもあります。

もしあなたがネットで1万円の収入を得れるようになったら、目先の目標として10倍の10万円の目標設定は全く飛躍しすぎたものではなくなります。

あなたが10万円稼げるのであれば、10倍の100万円の収入を目標とすることは飛躍しすぎたことではないのです。


毎月30万円以上のネット収入を得られるようになった私の目先の目標は、月間100万円以上の収入を達成することです。
この目標をクリアできたら今までのノウハウにレバレッジを利かせ、更に大きなビジネスで月1000万円以上の売上を計上できる組織運営にもチャレンジしてみようと考えています。

今の段階で月1000万円の売上を目標とすることは飛躍しすぎていると思いますが、目先の目標がクリアできれば希望として持っていたものが、目先の目標として大きく手繰り寄せられるはずです。


大きな夢や希望を目標とするまでには、その前に無数の細かな目標をクリアしていかなくてはいけません。
細かなスパンで段階的に明確な目標を立て、その目標を期限通りにクリアしていけば、今は飛躍しすぎた希望でも現実味を帯びた目標となる時期が必ず来るのです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ネットで稼ぐ方法まとめ』

関連記事