チャンスを逃さない人は何が優れているのか

やるべきことを先送りにしない行動力


人生の中で私達の周りには、気付く気付かないに関係なく、無数のチャンスが存在しています。
将来チャンスが巡ってくる時期や、どのようなチャンスなのかは誰にもわかりません。

「チャンスとの巡り会わせは時の運、人それぞれ不平等に訪れる」と言う人もいるでしょうが、私は多くのチャンスに巡り合う人はそれなりの引き寄せる強い力を持っていると思っていますし、一方で「チャンスが巡ってこない」と考えている人は、多くのチャンスを知らないうちに逃しているのではないかと考えています。

チャンス到来を感じる瞬間は人それぞれ違うと思いますが、人と人との出会いや些細な事へ好奇心を抱いた時点で、既にチャンスとの巡り会わせが始まっていると考えることができれば、私達がチャンスを逃すことも防ぐ事が出来るのではないでしょうか。

勿論、そのキッカケで後にビックチャンスと発展することもあれば、好機を掴み取ったと感じないほどの小さな出来事で終わることもあるでしょう。

しかし、別にビックチャンスばかりを狙う必要はありません。
些細なことも好機と受け止め逃さなければ、その積み重ねが将来ビックチャンスへと発展する可能性は十分にあるからです。


あなたの過去を振り返ってみて、何かに興味を抱いても「費やす時間がない」「恐らく成功しないだろう」「そのうちチャレンジしてみよう」と言うように、行動を先送りにして「結局手付かず」このような経験はありませんか?

そのような経験をお持ちの方は「もし自分があの時チャレンジしていたら」と、後悔したこともあるはずです。

例え小さなことであっても、そのことがやるべき事であるならば瞬時に行動へ移す必要がありますし、そうしなければ成功は遠のくばかりなのです。

好機を逸さず小さな成功を積み重ねていけば、自分では気付かなくても傍から見れば既にビックチャンスを手にしている事もあり得ます。

訪れたチャンスを逃さない第一歩は自分の気持ちに正直になり、欲しいものを手に入れる為の俊敏な行動力です。

私達は行動を先送りした時点でチャンスを一つ逃したと言えるのです。





失敗しないのではなく成功の数を増やす


チャンスを活かしたからこそ成功を収めることができるわけですが、好機と感じて行動へ移しても最初から成功するとは限りません。

むしろ初めての取り組みであればあるほど多くの失敗を経験したり、時に心が折れそうなくらいに悪戦苦闘の日々を送る事の方が多いでしょう。

しかし、たかが一度や二度の失敗で、全てに失敗したかのように大げさに考える必要はないのです。

今は失敗の数が多くても、数か月後或は数年後には成功の数が多くなるように戦略を立て努力を継続する事が大切です。

プロ野球選手はシーズンを通して3割を超える打率を残せば優秀であると評価されます。
裏を返せば優秀な打者も打席の7割は失敗に終わっているわけです。

成功者と言われる人達も全てに成功する人はいません。
ましてチャンスと感じチャレンジを始めたばかりの人が最初から成功し続けるなど奇跡と言うよりは、むしろ不可能です。

「徐々に成功率を上げ失敗を少なくすること」これこそがチャンスを活かし成功者となる為のポイントなのです。





成功者は恐怖心と上手に付き合うことができる


私達が行動を先送りにしてしまう理由の一番は恐怖心です。

・今の生活が維持できなくなるのでは?
・大きな失敗で痛手を被るのではないか?
・新たな事へチャレンジすることで周りの目が気になる


このような事に恐怖を抱き、あれこれ理由付けして現状維持を選択していることが多いわけです。

希望や期待と背中合わせに、必ず恐怖や不安は付きまといます。

でも、逆に恐怖心が全くない状態になってしまうことは危険です。驕りや慢心が出てくる可能性があるからです。
言ってみれば、恐怖心を失った人間はブレーキのない暴走車のようなものなのです。


チャンスを逃さない為には、「できない理由を探そうとしていないか?」「チャレンジを恐れていないか?」と、自分自身の判断や行動を客観的に見ることが必要です。

恐怖を克服する為のリスク軽減策や戦略的プランを練ること、つまり「やる為に何をするべきか」を考えれば行動力を維持し恐怖心とも上手く付き合えるのではないかと思います。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ネットで稼ぐ方法まとめ』

関連記事

信頼される出品者はオークションで稼げる

トラブルの多発で慎重な利用者が増えている


本来オークションは幾つかの種類があるのですが、一般家庭に広く浸透したインターネットの影響で、私達が今最も馴染み深いものはネットオークションと言えるでしょう。

ネットオークションはインターネットへ接続できる環境下であれば、誰でも落札者にも出品者にもなる事ができます。

また、従来のオークションとは違い自宅の不要品から転売物、個人が作成した物品や情報商材まで幅広い商材が売買できるのもネットオークションの特徴です。


今や殆どの人が認知しているネットオークションは、運営業者も数多くあり利用者も膨大な数となっているわけですが、市場の拡大に比例して様々なトラブルに巻き込まれるケースも増加している背景があります。

このような状況を受け、オークションサイトの運営側も事態を重く受け止め、近年ではトラブル抑止の為に色々な規制を設けたり、必死に利用者への注意喚起を呼び掛けています。

現状では依然トラブルは多いものの、運営側のこのような努力や利用者同士の情報交換などから、落札者も出品者も安易に売買の判断をせずに、どのような点に注意して見極めるべきなのか慎重な取引を心掛ける利用者は多くなっているのです。





出品作業を行う際は常に落札者の立場を考慮する


ネットオークションで詐欺まがいの行為や、違法な行為でトラブルを引き起こすのは、出品者側にも落札者側にもいます。

しかし、そのような行為をする利用者で圧倒的に多いのは、やはり出品者側です。

ネットオークションで稼ぐ為には当然ながら出品者側の立場になる必要があるわけですが、上手に稼ぐ為には悪質な落札者に引っかからないような注意と共に、先ずは優良な出品者であることをアピールしながら落札者からの信頼を得ることが大切なポイントと言えるのです。

落札者が入札の際に警戒する注意点
・信用できる出品者(または業者)なのか?
・出品物は本物か?
・違法なものではないか?


大まかに挙げると以上のような事でしょう。

落札者側はこの注意点を明確にする為に、オークションサイト内外でわかる出品者や商品の情報を色々調べて落札の判断をします。

もし、自分が落札者だったらどんな出品者は怪しいと思うのか、一方どんな出品者だったら信頼できると判断するのか、先ずは落札者の立場になって考えてみることが大切です。





落札者から信頼される為のコツ


商品の写真は色々なアングルから


ネットオークションで一番利用する際に先ず気になるのが、商品の写真です。
画像の良し悪しは売上に大きく影響します。

オークションサイトによって掲載できる写真の枚数に制限がありますが、先ずは商品の全体図を撮り、2枚目以降はブランド名やロゴやキズの有無などがわかるように撮影しましょう。




オークションページの作成は丁寧に


オークションページの作成は、入札する判断に必要となる情報を漏れなく記載しましょう。

商品の名称、状態、スペックなど出来るだけ細かく記載して下さい。
また、中古品の商品であれば出品しようと思ったきっかけなども記載すると効果的です。

その他に、梱包方法や発送方法、送料の有無などもあらかじめ決めて記載するようにしましょう。




落札後の入金連絡は丁寧且つ迅速に


ネットオークションでの振込金額は商品の落札額に送料・手数料を合わせた金額となります。

この時注意して頂きたいのは、送料の金額提示です。
送料は商品の重さを正確に計り、依頼する業者の設定通りの金額を提示して下さい。
慣れていない人だと、送料を多く落札者へ連絡してしまったりすることもあるので、万一、実際の金額と誤差が生じた場合は速やかに返金するようにしましょう。




梱包は頑丈且つ綺麗に


梱包資材は段ボール、クッション材、エアーキャップ、クラフト紙やクリスタルパックなど商品に合わせて使い分けましょう。
お金を掛けずに古新聞なども有効に活用すると良いでしょう。但し、商品が壊れないように梱包することは前提ですが、見た目も綺麗に梱包することを心掛けましょう。




落札者の評価を忘れずに


落札者の評価をすることは出品者側の評価にも繋がります。
ですから、必ず行って下さい。
通常、よほど酷い落札者でない限りは「非常に良い」で評価するのが慣例です。




以上、『信頼される出品者はオークションで稼げる』を紹介しました。

ネットオークションの出品者になる事自体は誰でも簡単にできるのですが、安定した売上を得る為に落札者のことを考えてしっかりした対応を心掛けると、やらなければいけないことが結構出てきます。

でも、慣れてきてしまえばその作業も苦にならないと思いますし、ノウハウを習得して人気の出品者となれば大きな利益も見込めます。

先ずは、手を抜かず当たり前のことを当たり前にこなせるように習慣化することが大切です。


※ネットオークション関連記事
『ネットオークションで稼ぐ方法』
『ネットオークションの売れ筋をジャンル別に分析』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ネットで稼ぐ方法まとめ』

関連記事

優秀なナビゲーターになる事が稼ぐコツ

訪問者を導きたい場所はどこなのか?


ブログなどのWEBサイトでアフィリエイトをする場合には、重要な2つの取り組みを徹底する必要があります。
1つは運営サイトを検索上位表示させる為のSEO対策、もう一つはサイト訪問したユーザーを利益へ繋がる場所へ誘導する為の導線構築です。

この2つの重要項目はWEBサイトを取り巻く構造の内外部へ非常に大きな影響を与えます。
特に今回紹介する優秀なナビゲーターとなる為の導線構築は、インターネットの構造に与える影響以外にも、外観的なサイトの見た目や人間の心理に与える影響がとても重要となるのです。

※SEO対策については『WEBサービス/SEO関連まとめ』をご確認下さい。

訪問ユーザーのサイト内回遊を意識しすぎ、導線構築ばかり意識しすぎてしまうと、サイトのデザインを損なってしまったり、記事内容が不自然になってしまったりすることも少なくありません。

このような失敗に陥るアフィリエイターは、そもそも誘導先が明確になっていない場合や、売上の向上ばかりに目が行き誘導場所が複数存在しすぎてユーザーの混乱や不快感を招いてしまう場合が殆どです。

私達アフィリエイターが最終的に訪問ユーザーを導きたい場所は利益に直結する場所です。

しかし、安易に利益を生み出す場所を沢山設置したからと言って、必ず成果に繋がるわけではありません。
お金を生み出す場所をそんなに簡単に多く作れるものではありませんし、欲張りすぎて多く作った結果、訪問ユーザーを迷路のようなわかり難い道へ引き込んでしまい、混乱や不快感を招いてしまうのでは本末転倒です。

先ずは、ユーザーへ自信を持って紹介できる最終到達点となる1つのページを作成し、その場所へ集中的に誘導するべく導線を構築して成功事例を作り上げることが大切です。





気持ちよく回遊する為の目印を設置する


WEBサイトのトップページや個別記事を開いた時に、訪問ユーザー自身が「今どの場所に居て、次に行きたい場所へはどのようにすれば行けるのか?」を明確にしてあげることが大切です。

その際、訪問ユーザーがサイト内で迷わない為に、パッと見でわかる目印となるリンクを設置することで問題を解決してくれます。

1、サイトのロゴへトップページのリンクを設置する

2、ページの上部へ戻れるリンクを設置する

3、パンくずリストを設置する

4、関連あるページの一覧(まとめページ)を作成しリンクを設置する

5、検索窓を設置する

6、個別記事へ関連記事のリンクを設置する

7、個別記事下部へトップページのリンクを設置する


これらのリンクや検索窓の設置はやり方を調べれば初心者でも比較的簡単にできますし、ブログサービスでは標準装備されているものも多くあります。

一つ注意してもらいたいのは、サイトのデザイン性やユーザーの利便性を十分に考慮して設置してもらいたいと言うことです。

リンクが多すぎて複雑になることだけは避けましょう。





魅力的な文章が最も強力な導線となる


リンクの設置などは設置方法さえマスターすれば誰でもできる作業です。
私達が普段利用する道路に当たり前のようにある親切な道路標識のようなものなのです。

しかし、道路標識を辿って道を進む場合は概ね目的地が事前に決定しているはずです。

訪問ユーザー自身が事前に決定していた目的地から、あなたが望む誘導場所へと目的地を変更してもらう為には、親切な道路標識だけでなく誘導場所が魅力的であるアピールをすることが必要になるのです。

「どんなところが魅力的で、目的地を訪問することでどのようなメリットが存在するのか」と言うことを念頭に説得力あるアピールが大きな効果を発揮します。

サイト内を回遊中に元々関心がなかったものに対して興味を示すようになったり、既に興味津々な事柄に更に強い関心を抱いたりするようになる時は、やはり人間の言葉がきっかけとなることが多いです。

つまり、私達の場合には作成した記事でユーザーを納得させる文章力が必要になるわけです。

但し、ユーザーが納得して導線を辿っていくには、それなりの工程が必要です。
いきなり最終目的地へナビするような文章は強引であり、押し売り的なイメージを持ってしまう可能性があります。

ごく自然な流れで、更に訪問ユーザーが楽しみながらサイト内を回遊できる文章作成を心掛けましょう。

『購買意欲を喚起するストーリーの作り方』
『読者を説得する記事作りのポイント5つ』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『アフィリエイトで稼ぐ方法まとめ』

関連記事