アクセス解析で重要視すべき5つの指標

100%の成功を引き出す為に


今取り組んでいるネットビジネスが成功なのか?或いは失敗なのか?
あなたはどのような定義で判断しますか?

恐らく大部分の人は、

「お金が稼げていれば」⇒成功

「お金が稼げていなければ」⇒失敗

と、このような判断の仕方ではないでしょうか?


確かに、ビジネスは利益を求めて始めるわけですから、1円も稼げないのであれば明らかな失敗です。

しかし、稼いでいるから完璧な成功ということでもないように思えます。

それは稼ぐ金額の大小ではなく、「取り組んでいるビジネスで最大限引き出せる成功を手にできているのか?」という事です。


ビジネススキームによって、大きな稼ぎを期待できるものもありますし、そうではないものもあります。
それぞれに対し、100%の成功もあれば50%の成功もあるわけです。

もし、50%の成功で満足しているのであれば、本来倍稼げるものを損していることになりますね。

私達は、今の自分能力、利用しているツールなどを客観的な角度から検証し、1000%であるかを常に確かめ追い求めなければいけないのです。


では、具体的にどのように100%の成功を引き出す為に確認していくのか?

例えば、サイトアフィリエイトやブログアフィリエイトで稼いでいるのであれば、利用している媒体が100%の状態で稼ぎを生み出しているのかが重要な検証材料となるでしょう。

サイトの状態を事細かに把握し、100%の稼ぎを引き出す為にはアクセス解析が必要となります。

人気ブログ、人気サイトを作り上げる為に、SEO対策や有益なコンテンツ作りを当然するわけですが、その取り組みがあなたのビジネスに対して、プラスの効果をもたらしているのか、逆にマイナスの効果をもたらしているのか、或いは何も効果が発生していないのかを常に計測することが、最大限の稼ぎを引き出すポイントです。


勿論、私のブログも100%の状態ではありません。
また、状態は常に上下へ変化し続けます。


では、どのような事を計測していけば良いのか勉強していきましょう。





アクセス解析で重要視すべき5つの指標


1、訪問者数


自分のサイトへ何人のユーザーが訪問したかを知ることは基本中の基本です。
単純な全体の訪問数だけでなく、月別、週別、日別、時間別データを確認しましょう。




2、新規ユーザーとリピータの比較


検索エンジンを利用して訪問するユーザーが起点となりますので、割合的には新規訪問者の方が多くなります。
リピータ数を増加させるには、メルマガ発行などでユーザーの囲い込みをしたり、ブックマークを促す工夫などが必要です。
逆に、理由なく最初からリピータの方が多い場合は新規訪問者を増加させるような修正が必要です。




3、PV数


ページを閲覧した回数をPV数といいます。
昔のように、それほど重要なデータではなくなりましたが、アフィリエイトで稼ぐにはPV数の多いページへバナーやテキストを貼り付けたりすると効果的です。




4、滞在時間


ユーザーと自分のサイトの接触時間はとても重要です。
一概に滞在時間が長ければ良いわけではありませんが、サイト内をユーザーに回遊してもらう工夫をすることで滞在時間は長くできます。




5、直帰率


直帰率はサイトを訪問した際のページのまま、離脱してしまう割合です。
あなたのサイトの直帰率が7割以上なら、ユーザーにサイト内を回遊してもらうような工夫が必要ですし、現時点で離脱を招いてしまう何らかの問題点があるはずです。




その他にも

・検索エンジン経由の訪問者の割合

・コメントを残した訪問者の割合

・コンバージョン率

・特定のページの直帰率

・購入・登録など売上に繋がった訪問者の割合

・ページごとのソーシャルアクションの数

・動画を視聴した訪問者の数

・ページのクリック率


などの色々な解析をすることができますし、サイトの状態を知る上で問題点を分析をする必要があります。

少なくとも、サイト構築の為の取り組みが意味がなかったり、マイナスの効果になったりすることは絶対に避けたいものです。

取り組み全てが100%の効果を発揮しなくても、最低限プラスの効果を発揮していることが時間と労力を無駄にしないことにも繋がります。

あなたのサイトも最適化できるように、アクセス解析データへは常に目を配るようにしましょう。


※アクセス解析については、

『Lv28 100%の稼ぎを引き出すためのサイト分析』でも紹介していますので参考にしてみて下さい。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『WEBサービス/SEO関連まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント