高額時給が魅力のテープ起こし・テープライター

テレビでも紹介された人気の在宅ワーク


以前、「主婦に人気の在宅ワーク」的なテーマのテレビ番組を観ていると、ちょっと興味深い仕事があったので紹介したいと思います。

番組内では色々な仕事が紹介され、中には月収150万円と言う仕事もありましたが、仕事の内容を見るとかなり特殊と言うか、能力的にかなり優れていないとできないのでは?と思えるものでした。


月収150万円の仕事がどんなものかと言うと、「クロスワードパズルの作成業務」なるものでした。


在宅ワークの割に月収の大きさにも驚きましたが、それ以前に「そんな仕事もあるのか!」と言う事の方に私は驚いてしまいました。

でも、その月収150万円以上稼いでいる人は、業界ではカリスマ的存在のようで、誰もがその人のような稼ぎを得られるような感じではなかったのです。


その番組を観ていて、「それほど高いスキルが無くてもできるのでは?」と思った仕事があります。

しかも、「結構稼げるんだな!」「魅力的な在宅ワークだな!」と感じたのです。


その仕事がテープ起こし・テープライター業務です。





テープ起こし・テープライター業務とは


テープ起こし・テープライターとは講演・会議・座談などで録音された人の言葉を聴き取り、その内容を文章に直す作業の事を言います。

仕事依頼が多いのは出版社などが多いようで、よく雑誌で見かける対談の記事などは、テープ起こし、テープライター業務をしている人達が文章化しているようです。




テープ起こし・テープライター業務の時給


私が観た番組に出演している方は、なんと時給4500円でした。
確かに、その方はかなり慣れているようで、タイピングも早い方でしたが、一般的な職場でも同じような速度でタイピングする人は他にも見たことがありますし、そう考えると必ずしも特別な人だけが高額時給なわけでもないのかなと思えます。

平均的な稼ぎが気になって調べてみると、平均的な報酬は60分程度のテープを文章に起こして1万円~2万円くらいの報酬のようです。





テープ起こし・テープライター業務を始めるには


出版社などから仕事を受注しなくてはいけないので、個人で始めるには難しいでしょう。
また、タイピングスキルは高いものを要求されると思いますから、初心者の方が始めるには、仕事ができるようになるまでに、結構な時間を要すると思います。

それでも、ある程度データ入力等の経験がある方々なら、それなりに訓練すれば十分に高額報酬も見込めるのではないかと思います。

初心者の方々などへテープ起こし・テープライターで、養成講座から仕事のバックアップまでしているのががくぶんです。

講座の内容は未経験者でも始められるように学習するためのテキストや、実習のためのテープを使って練習をすることができます。

がくぶんでには技能認定試験があり、資格取得者は日本職能開発振興会に登録すれば出版会社やマスコミ業界、地方公共団体などから受注を受けたテープ起こし・テープライターの仕事をする事ができます。

但し、講座受講は勿論無料ではないので、本気でテープ起こし・テープライターと言う方は、一度がくぶんの資料請求をして内容を調べてみては如何でしょうか。

がくぶん総合教育センター







管理人一押しの在宅ワーク


在宅ワークで一番人気と言えば、データ入力業務です。

しかし、企業から直接在宅ワークでデータ入力の仕事を貰うのは、何かのツテがない限り困難です。

やはり、在宅ワークを斡旋してくれるマッチングサイトなどへ登録するのが、一番手っ取り早く仕事を始められる方法でしょう。

そこでオススメなのが、のサイトでも何回か紹介している、シュフティです。

シュフティはデータ入力だけでなく、WEBデザイン系の仕事やホームページ管理や修正の仕事など幅広く在宅ワークを斡旋している会社です。

シュフティ




登録している企業数も仕事量も多く安心できる会社ですので、ご興味ある方は、

『本気で稼げる在宅ワークを探す』

『詐欺紛いのデータ入力求人募集DMには要注意』

こちらの記事を参考にしてみて下さい。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『在宅ワーク/内職で稼ぐ方法まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント