サイトの配色が与える影響とは?

記事内容以前に飛び込んでくるサイトの色彩


サイト運営で充実したコンテンツを作成することは、あらゆる面で効果的に働きます。

専門性が高く、ユーザーに有益となる記事を蓄積していく事は、サイト運営で必要不可欠なのです。


でも、ユーザーがサイト訪問した時に、活字の内容や画像の内容以前に目に飛び込んでくるものがあります。


それは、サイトの色彩です。


バランスの取れた配色のサイトは、記事内の活字や画像を更に引き立たせてくれます。

色の使い方だけで、人間に与える心理的影響は大きく変わります。

安心感を与えたり、時に不安や恐怖心を与えたりすることすらあります。


そこで今回はサイトやブログの背景色や文字色について効果的な使い方を紹介していきたいと思います。





可読性の向上を意識した色の使い方


訪問ユーザーの立場になって、サイト構築する事は大切です。

大まかに分類して、基本的なポイントを並べると、

・目を通しやすい
・読みやすい
・分かりやすい


この3つは常に念頭に置いてサイト構築する必要があります。

上記3つのポイントは、記事作成の時のライティング能力にも当然関係するものであるわけですが、それ以前に、先ず訪問ユーザーの目に飛び込んでくる、配色や配置などサイトデザインにも大きく関係してくるのです。

今は、多くのブログサービスで機能やデザインが多彩になり、初心者でも簡単にカスタマイズできるようになってきているので、よりスタイリッシュに構築しようとするブロガーも多く存在します。

しかし、3つのポイントから逸脱して、あまり奇抜なデザインに凝りすぎると、ユーザーをサイトから離脱させる原因となりかねないのです。




色の対比を考える


先ほどの、「目をとおしやすい」「読みやすい」「分かりやすい」サイトを作るには、色の対比が重要なポイントとなってきます。

最も色の対比が高いのは、白と黒です。
シンプルな白の背景に黒い文字色の文章は、やはり多くの人が読みやすく感じるのです。

但し、対比が高いからと言って、スタイリッシュに黒の背景に白い文字色にする人もいますが、これはコンバージョンの低下をもたらす可能性があります。

やはり目が疲れて読みにくいのです。

白と黒がベストカラーではありませんが、色の対比を考えながら、背景色と文字色を選択するようにしましょう。




テキストリンクのデザイン


テキストリンクの基本的な注意事項は

・全てのクリック可能なアイテムは、クリック出来ることを見た目でわかるようにする

・全てのクリック不可能なアイテムは、クリック出来るように見えてはいけない

・クリックすることが出来るように見えるアイテムは、クリック可能にし、反応するようにする


多くの方はこの注意事項を既に心がけ実践していると思います。
クリックできる箇所は文字色を青くしたり、アンダーラインを引いたりわかりやすくしていると思います。

ただ、全てのテキストリンクが青色が良くて、アンダーラインを引くことが良いと言うことでもないのです。

他のクリックできない箇所とはっきり区別できることが大切であり、更に全てのページ、或いは全ての記事で統一性がなくてはいけないのです。

たまに見られるのが、ページごと、記事ごとに文字色やデザインがバラバラで統一性がないサイトです。
統一性がないサイトはユーザーにストレスを与えてしまいます。

十分に注意するようにしましょう。




以上、『サイトの配色が与える影響とは?』を紹介しました。

配色の他にも、文字の大きさや行間なども影響してきますので、人気サイトがどのようなデザインを意識して構築されているのか研究してみましょう。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『WEBサービス/SEO関連まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント