ネット上で売れる商品にする為のコツ

売れる商品と売れない商品の違い


「売れる商品を作る」と言われれば、何となく商品自体を自分の手で一から作り上げなくてはいけないような気がしますが、ここで紹介する「売れる商品」とはそう言うことではありません。

全く同じ商品を扱っても、売る人が違えば商品の売れ行きも異なります。


私が扱っている商品はポイントサイトの稼ぎ方アフィリエイトの稼ぎ方などネットで稼ぐ為の情報です。
無料で多くの情報提供をしながら、一部利益へ直結する場所へと読者の皆さんを誘導しているわけです。

このような情報提供、情報発信をメインに利益とリンクさせる稼ぎ方も多くの人がやっているビジネスですが、やはり稼げる人と稼げない人がいます。

なぜか?

商品となる情報に対し、ユーザーが捉える価値観が違うからです。

逆に言えば、売る側が商品価値を高める事が出来ていないということになります。


つまり、「売れる商品」とは同じ商材であっても他との差別化を図り、ユーザーと商品価値を共有・共感できるように売る側が作り上げる物なのです。


商品自体が良いだけで「売れる商品」にはなれません。
実際に、利用価値が高い商品なのに売れていないものは沢山あります。

私達のような情報提供者も同じです。

中身は良い情報なのに流通していないものは沢山あります。

商品自体が良いものであることは前提とし、その商品の見せ方で売れる商品か否かを大きく左右することになるのです。





商品価値を高める3つのポイント


1、商品を無闇に売り込んではいけない


営業とは、商品を売るためにお客さんを説得することだと多くの人が考えています。
確かに上手な営業トークで説得し、商品を販売してきた営業は沢山いると思います。

しかし、この手法は本当に効率的でしょうか?

ネットビジネスでは、あまり効率的とは言えません。サイトの記事へ強烈に売り込む文章などを盛り込んだり、売りたい商品のバナーをデカデカと貼り付けてあったりする手法は、はっきり言って成功しません。

人間の本能は、何か商売をするには強く売り込まなくてはいけないと考えてしまいますが、本能に逆らって「売り込まずに売る」方法を考えることがポイントです。




2、ユーザーから情報を引き出す


「売り込まずに売る」にはお客さんのニーズを引き出すことが重要です。

特に営業しなくても、お客さんが欲しいもの、更にはほしい情報が添えてあれば、多くのお客さんは興味を示し、商品が売れる可能性は高くなります。

当然、リアルな世界ではお客さんと対面で情報収集しなくてはいけないのですが、ネットビジネスの世界では、インターネットを通じて便利に情報収集できます。

自宅に居ながら多くのユーザーと情報交換ができますし、自分のサイトを利用してアンケートなどすることも効果的です。

また、アクセス解析など利用すれば、自分のサイトのどのページが人気があるのか、どんな記事に興味を持って読んでもらっているのかがわかります。

つまり、ネットビジネスではサイト訪問者などの情報からニーズを読み取ることが可能なのです。
したがって、売れる商品を更にお客さんが買いやすいように創意工夫しながら、陳列していけばよいわけです。




3、行動力の速さでユーザーの心を掴む


全ての成功者に共通するのが、行動力の速さです。

知識の蓄積は常に向上心を持ってしていかなくてはいけないのですが、知識はネットで稼ぐための道具に過ぎません。

知識を兼ね備え、素早く行動することでお金に変えることが可能なのです。

逆に言えば、わかっている筈なのに、なかなかできないのが成功できない人達の共通点です。

また、ネット上では新しい情報もすぐに過去のものとなってしまいます。
あなたがお客さんのために仕入れた良い商品、良い情報でどこよりも早く提供してあげることが、お客さんの心を掴みサイトのリピータとなってくれる可能性を高めるのです。




以上、『ネット上で売れる商品にする為のコツ』を紹介しました。

多くの人がネットビジネスへチャレンジしている中、基本に忠実でお手本通り実践することもとても大切なことです。

しかし、よりユーザーからの支持を得る為には、他のマーケッターとの違いもアピールする必要があります。

本当に良いものを見抜く力と良いものへ更に肉付けできる力が、他との差別化を図り「売れる商品」を作り上げます。

差別化され商品価値を高めれば、いずれブランド力を持つことになるのです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ネットで稼ぐ方法まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント