広告量は必要最小限に抑えることが稼ぐコツ

多くの人がWEB広告を邪魔だと感じている現状


初心者アフィリエイターが失敗する原因として、よく見られる傾向の一つが「掲載広告を必要以上に設置してしまう」と言うことなのです。

「沢山の広告を貼っておけば、どれか購入してくれるだろう!」
「広告の数が多い方が成約の可能性も高くなるだろう!」


と、ブログへ訪問するユーザーのことよりも、安易に自分の利益だけを優先させてしまった結果、過剰なアフィリエイト広告を設置してしまうのです。


アフィリエイトにチャレンジしたことがある人は「自分にも思い当たる節がある」と言う人もいるでしょうし、アフィリエイト経験がない人でも「広告だらけのサイトを目にしたことがある」と言う人も多いのではないでしょうか?


売上に直結するものだからと言って、過剰なまでにアフィリエイト広告を設置し過ぎると、訪問ユーザーが欲している情報量が乏しくなる可能性がありますし、サイトのコンセプトが解り辛く更に押し売り的なイメージすら与えかねません。

ある調査結果では、ネットユーザーの多くはサイトやブログへ掲載されているWEB広告に対し「邪魔」と感じているとのことです。

なぜかと言うと、ネットユーザーは何らかの目的があり、何らかの有益な情報が欲しくてサイトやブログを訪問するわけですから、目的以外のものは「邪魔」なものと感じてしまうようなのです。


アフィリエイト広告は利益に直接繋がるツールではありますが、ブログを活用してアフィリエイトで稼ぐには、どのようなコンセプトのブログで、どのような情報発信をしているのかを明確に示すことが重要です。

更に読者の人気を得るには、発信している情報が訪問したユーザーに有益なものでなくてはいけませんし、解りやすいものである必要があります。


ブログを利用してアフィリエイトで稼ぐなら、訪問してくれたユーザーは広告を探しにアクセスしたわけではないと言うことは大前提として理解しておく必要があります。

したがって1ページに掲載する広告は必要最小限に抑え、訪問ユーザーが求めるものを探しやすいようなブログ構成にすることが、結果的には稼ぐコツであると言えるのです。





どの程度が滴定な広告量と言えるのか?


ネットユーザーの心理状況として、いくらWEB広告が「邪魔」と感じているからと言って、アフィリエイターとして稼ぐには広告掲載ゼロでは当然売上が発生しませんし、意識しすぎて極端に掲載を少なくしてしまえば効果が半減する可能性もあります。

意味もなくアフィリ広告を沢山掲載するのではなく、適正な量で掲載することがポイントとなるわけですが、実際どの程度の掲載量が適切なのでしょうか?




大手ポータルサイトを参考にしてみる


先ず、トップページの広告掲載量はYahooのようなポータルサイトを参考にすると良いでしょう。
Yahooを見てみると、掲載している広告はインパクトがあるのですが、サイト全体の構成を見ると広告の占める割合はかなり少なめなことに気付くはずです。

やはりYahooの利用者も広告を見るためにアクセスしているわけではないのですから、サイトのコンセプトを重視して、広告は効果の高い位置へ最小限に抑えながら掲載しているのです。




個別記事には無理に広告を掲載しない


次に個別ページについてですが、この場合は各記事は良質なコンテンツでなければいけません。

良質なコンテンツを作成しようとするのであれば、1記事1テーマが基本となります。
となると、1テーマに関連するアフィリ広告限られてきますし、時にはテーマに関連するアフィリ広告が無い場合もあるでしょう。

ポイントは無理に広告を掲載しようとせず、伝えようとしていることを重視したバランスの良い構成を心掛けることです。




以上、『広告量は必要最小限に抑えることが稼ぐコツ』を紹介しました。

大手企業の人気サイトや人気アフィリエイターのブログなどを参考にすることで、どの程度の広告掲載量が適正かが見えてきます。

特に大手企業のサイトは、その業界のプロが様々な検証結果を基に最も効果的な作り方をしていますので、どのサイトもほぼ同じような割合で構成されていることに気付くはずです。

先ずは、訪問ユーザーから自分のサイト、ブログに対し満足してもらうことを第一に考えて適正な広告量の割合を常に念頭に置きましょう。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『アフィリエイトで稼ぐ方法まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント