読者の興味を喚起する13の考え方

共通の面白さを引出すツボを探す


ブログ運営で成功を収めるには、多くの読者を募る必要があります。
多くの読者に喜んでもらう為には、やはり魅力的な記事を継続して投稿していく必要があります。

全てのブロガーがわかっている基本的ことではありますが、魅力的な記事を作成し続けることは、言葉で言うほど簡単な事ではありません。


そもそも、あなたは読者の注目を集める魅力的な記事とはどのようなものだと思いますか?


私などは未だにブログ記事のネタに行き詰る度に、「魅力的な記事とは何だろう?」と考えてしまいます。


魅力的な記事とは読者が読んでいて色々な意味で「面白い」と感じる記事だとわかっているものの、「面白い」と感じるニュアンスは人それぞれですし、「面白さ」を一括りにしてしまうとあまりにも抽象的すぎて余計に記事作成に行き詰ってしまうことも少なくありません。

一生懸命「面白さ」を追求して作成した力作の記事も、いざ周りのブログを見てみると類似するような内容のものがいくつもあったりして、実際には特段目を引く内容ではなかったりすることも多々あります。

と言うよりは、私達ブロガーがいくら頭を悩ませて「面白さ」を追求しても、読者の「面白さのツボ」を一括りに特定してしまうこと自体不可能なことなのです。


但し、特定するしてしまうことはできなくても、人間には大多数の人が「面白い」と感じる可能性が高いツボのような共通点が存在することも事実です。

ツボを刺激したからと言って、全ての読者へ効果が現れるわけではありませんが、同類の考え方や疑問や悩みなどを持った読者を引き寄せる効果は十分にあります。


この「面白い」と感じるツボを刺激する為には、根本的な発想を転換させたり、人間の心理に柔軟に対応する必要があるのです。

ただ単純に「良い記事を作ろう」「面白いものを作ろう」と気負いすぎるのではなく、意外性や差別化を意識した発想がポイントです。

私もブロガーとしてまだまだ未熟ですが、今回は注目を浴びる記事作りに必要な考え方を紹介したいと思います。





読者の興味を喚起する13の考え方


1、自分にしか伝えられないことを伝える


自分以外の誰かへ何か意味あるものを伝えようとしても、実際には意識していないのにテレビや本や歌などから影響を受けたものだったり、そのもの自体を直接引用したりしていることが殆どです。
読者を引きつけるには、影響を与えられるものを生み出す側にならなくてはいけません。
仮に何かの影響を受けたものであっても、自分自身のアイディアをプラスしてオリジナリティーの高いものへと変化させる必要があるのです。
そして、読者がわかりやすく、受入れやすい記事へと変えていくことを意識しなくてはいけないのです。




2、間違いを選択する


例えば、日々真面目に仕事一筋で働いているサラリーマンへ「ネットで簡単に不労所得を稼ぎ出したい」と話しても、「その考えは間違っている」「そんなうまい話は世の中に存在しない」と一蹴されるかもしれません。
世の中には正しいことが多く溢れています。善悪の区別がはっきりつくものはともかく、可能性が低いものまでもが「間違い」に分類されてしまうこともしばしばです。
しかし人間は可能性が低いものへの成功や成功した時の特権も、心のどこかで期待しているものなのです。




3、正しいことを選択する


正しいことで注目を浴びることも勿論可能です。
しかし正しいことで注目を浴びるには、あなたは他の誰よりも正しくなければいけませんし、皆の先頭に立っていなければいけません。
つまり、完璧の域に達した状態が前提であることを理解する必要があるのです。




4、実際に何かをする


ブログで注目を浴びる為に、注目浴びる文章の作成だけに没頭してはいけません。
実記事にする大切な何かを実際に行動することで、より具体的に面白い記事を作ることができます。
行動の後の記事に対して、読者は今まで以上に記事の内容に想像力を働かせることができるようになるでしょう。




5、読者を笑わせる


多くのブロガーはブログ記事の作成に対し真面目に取り組んでいます。
しかし、あまりに真面目すぎてユーモアを忘れてしまっては、読者が堅苦しく、時に退屈に感じてしまいます。
時々、ユーモアを組み込むことで読者を再び引き付けることが可能になります。




6、読者を驚かす


あなた自身や周りの多くの人が通常と思っていることの真逆を記事にすれば、当然読者の意表を突くことができます。
意表を突かれた読者は、先ず立ち止まって記事へ引き込まれていくでしょう。




7、読者の悩みを解決する


疑問や不安、不満や怒りに対して解決策を提供する記事を作れば、それを求めて読者は来訪してきます。
記事の作り方は明確な答えであったり、読者に同調し仲間意識を助長するものであったり、色々な方法があります。
読者がどんな悩みを抱え、解決する為に何を欲しているのか考えれば、作るべき記事が見えてきます。




8、読者が何者であるかを定義する


ブログによって興味を示す読者層は異なります。
例えば、ネットビジネスのノウハウを提供するブログなら、「ネットで稼ぎたい」と考えている読者が多く興味を示すはずです。
彼らが全くの初心者なのか、ある程度中級クラスのビジネスにも対応できる人なのかを定義してあげることも重要です。
疑問や不安を抱えながら半信半疑で来訪した読者が定義付けられることで、安心感を生むこともあります。




9、未来を予測する


人気ブログを作るには、専門性の高い記事を作り続けることが重要です。
記事作成している内に、ブロガーは多かれ少なかれ専門的な知識が蓄積されていきます。
その専門知識を利用して、業界の未来予測や来訪した読者に対する予測を大胆にするのです。
影響力が高いブロガーであればあるほど注目度は上がります。また逆のパターンで、予測することに注目が集中して影響力が増すこともあります。




10、勇気を持つ


自身のブログで大胆な記事を作成したり、他のブログへ大胆なコメントをしたり、或いはYouTubeへ大胆なコメントをしたりすることは、人気のサイトであればあるほどあなたの注目度は上がります。
正しいと思える発言であれば、勇気を持って多くのユーザーへ発信すべきです。日本中或いは世界中から注目されるのですから。




11、良いストーリーを考える


ブログ運営で成功するならば、あなたが最終的に読者をどこへ導こうとしているのかを明確にするべきです。
導く場所が明確になったのなら、ごく自然な導線を構築しなくてはいけません。
読者が自然と最終到達点へ足を運んでくれる為には、記事に優れたストーリー性が不可欠になってきます。




12、間違いであることを証明する


人間は多くの固定観念の中で生きています。
自分で確かめもしていないことを真実であると思い込んでいるのです。
例えば、「ネットで簡単に稼ぐ方法などない」と思っている人へ、あなたが実践したデータを基に「実は簡単である」と証明できたならどうでしょう?
あなたとあなたのブログは信頼を得ることができますし、ネットビジネスの成功への道も拓かれるでしょう。




13、読者が第一であることを常に忘れない


たとえ人気ブログを作り上げたとしても、読者よりブロガーが優位に立つ瞬間は絶対にありません。
読者あってのブログだからです。
どんな状況になっても、自分の考えを傲慢に押し付けるような記事を作成したり、利益だけを優先させるようなサイト作りをしてはいけないのです。
常に読者が第一に優先され、読者の為にブログを作らなくては意味がないのです。




以上、『読者の興味を喚起する13の考え方』を紹介しました。

常に13の考え方全てが入り混じって良い記事ができるのではなく、その時々で一つ一つの発想法が効果を発揮します。

是非、あなたも参考にして注目を浴びる記事を作って下さい。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ブログで稼ぐ方法まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント