優秀なナビゲーターになる事が稼ぐコツ

訪問者を導きたい場所はどこなのか?


ブログなどのWEBサイトでアフィリエイトをする場合には、重要な2つの取り組みを徹底する必要があります。
1つは運営サイトを検索上位表示させる為のSEO対策、もう一つはサイト訪問したユーザーを利益へ繋がる場所へ誘導する為の導線構築です。

この2つの重要項目はWEBサイトを取り巻く構造の内外部へ非常に大きな影響を与えます。
特に今回紹介する優秀なナビゲーターとなる為の導線構築は、インターネットの構造に与える影響以外にも、外観的なサイトの見た目や人間の心理に与える影響がとても重要となるのです。

※SEO対策については『WEBサービス/SEO関連まとめ』をご確認下さい。

訪問ユーザーのサイト内回遊を意識しすぎ、導線構築ばかり意識しすぎてしまうと、サイトのデザインを損なってしまったり、記事内容が不自然になってしまったりすることも少なくありません。

このような失敗に陥るアフィリエイターは、そもそも誘導先が明確になっていない場合や、売上の向上ばかりに目が行き誘導場所が複数存在しすぎてユーザーの混乱や不快感を招いてしまう場合が殆どです。

私達アフィリエイターが最終的に訪問ユーザーを導きたい場所は利益に直結する場所です。

しかし、安易に利益を生み出す場所を沢山設置したからと言って、必ず成果に繋がるわけではありません。
お金を生み出す場所をそんなに簡単に多く作れるものではありませんし、欲張りすぎて多く作った結果、訪問ユーザーを迷路のようなわかり難い道へ引き込んでしまい、混乱や不快感を招いてしまうのでは本末転倒です。

先ずは、ユーザーへ自信を持って紹介できる最終到達点となる1つのページを作成し、その場所へ集中的に誘導するべく導線を構築して成功事例を作り上げることが大切です。





気持ちよく回遊する為の目印を設置する


WEBサイトのトップページや個別記事を開いた時に、訪問ユーザー自身が「今どの場所に居て、次に行きたい場所へはどのようにすれば行けるのか?」を明確にしてあげることが大切です。

その際、訪問ユーザーがサイト内で迷わない為に、パッと見でわかる目印となるリンクを設置することで問題を解決してくれます。

1、サイトのロゴへトップページのリンクを設置する

2、ページの上部へ戻れるリンクを設置する

3、パンくずリストを設置する

4、関連あるページの一覧(まとめページ)を作成しリンクを設置する

5、検索窓を設置する

6、個別記事へ関連記事のリンクを設置する

7、個別記事下部へトップページのリンクを設置する


これらのリンクや検索窓の設置はやり方を調べれば初心者でも比較的簡単にできますし、ブログサービスでは標準装備されているものも多くあります。

一つ注意してもらいたいのは、サイトのデザイン性やユーザーの利便性を十分に考慮して設置してもらいたいと言うことです。

リンクが多すぎて複雑になることだけは避けましょう。





魅力的な文章が最も強力な導線となる


リンクの設置などは設置方法さえマスターすれば誰でもできる作業です。
私達が普段利用する道路に当たり前のようにある親切な道路標識のようなものなのです。

しかし、道路標識を辿って道を進む場合は概ね目的地が事前に決定しているはずです。

訪問ユーザー自身が事前に決定していた目的地から、あなたが望む誘導場所へと目的地を変更してもらう為には、親切な道路標識だけでなく誘導場所が魅力的であるアピールをすることが必要になるのです。

「どんなところが魅力的で、目的地を訪問することでどのようなメリットが存在するのか」と言うことを念頭に説得力あるアピールが大きな効果を発揮します。

サイト内を回遊中に元々関心がなかったものに対して興味を示すようになったり、既に興味津々な事柄に更に強い関心を抱いたりするようになる時は、やはり人間の言葉がきっかけとなることが多いです。

つまり、私達の場合には作成した記事でユーザーを納得させる文章力が必要になるわけです。

但し、ユーザーが納得して導線を辿っていくには、それなりの工程が必要です。
いきなり最終目的地へナビするような文章は強引であり、押し売り的なイメージを持ってしまう可能性があります。

ごく自然な流れで、更に訪問ユーザーが楽しみながらサイト内を回遊できる文章作成を心掛けましょう。

『購買意欲を喚起するストーリーの作り方』
『読者を説得する記事作りのポイント5つ』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『アフィリエイトで稼ぐ方法まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント