記事へ引き込むキッカケを作る10の技法

魅力的なタイトルこそが読者を引き込むキッカケ


あなたは書店に並ぶ書籍やネット上の検索結果を見て、「この本(或は記事)の内容をもっと知りたい」と言う想いに駆られたことはありませんか?

書店に出向いた目的も、或はネットで検索した目的も、本来別の事であったにも拘らず、目的外のものを目にして何らかの感情が刺激され、ついつい本筋から外れて引き込まれてしまうことは誰しもが経験しているはずです。

デザインや活字を目にし興味を抱く感情は人それぞれ異なります。
しかし、なぜか多くの人が同じようなデザイン、或は活字に目を奪われてしまうのは何故か?

そこには幾つかの共通点が存在します。


私達は雑誌やネット上のWEBサイトへ目を通している時に、目に飛び込んだ状況から何らかの判断材料を得て、記事の中身まで読もうか、或はスルーしようかを決断します。

その判断材料とは画像タイトルパッと見の記事(文章)の長さなど、共通する幾つかに絞られます。

中でも、魅力的と感じられたタイトルについては、読者を記事へ引き込もうとする最も強力な力を持っています。

例えば、見栄えしないタイトルでは記事内容がどんなにすばらしいものでも、読者を引き込むきっかけを失ってしまう可能性が高くなりますし、逆に記事内容が平凡的なものであったとしても、タイトルの魅力で読者の興味を喚起し他のサイトとは差別化を図ることも可能になってくるのです。




読者を引き込むタイトルの作り方


1、メリットをアピールする
記事を読めばどのような有益な情報を入手できるのか、或は記事を読むことによってどのような事を学べるのかをタイトルでアピールするれば読者は興味を示します。



2、分かりきったことでも繰り返す
常識的な事を含めたQ&A形式の記事や、特定の情報のまとめ記事などは人気を集めます。
全てが目新しい内容でないものでも十分に利用価値はあるのです。



3、根拠を示せるデータは信頼を得る
記事の情報を裏付けるデータを持っているなら、タイトル内でその文言を活用すべきです。



4、検索エンジンよりも人を優先する
検索上位表示の為に有効なキーワード選択ばかりを意識していると、タイトルが味気ないものになってしまうことがあります。
タイトルを目にするのも記事を読むのも人です。人が読んでどのような感情を抱くかを先ず優先してタイトルを作成しましょう。



5、緊迫感で行動を喚起する
期間を限定することで人は行動力を掻き立てられます。「無料提供終了まで残りわずか!」のようなタイトルは読者へ緊迫感を与えるのです。



6、凡人以下でも可能な事をアピールする
人は楽であることや簡単な事を好みます。反面手に入れられるものは特別なものや高価なものを好みます。
このような特徴を活用すると、例えば「だらしない人でも稼げる驚異の錬金術」のようなタイトルも十分に利用価値はあるのです。



7、読者の感情へ訴える
人間は感情によって行動を左右されます。読者の感情を刺激するタイトルは多くの注目を集めることができるのです。



8、失敗例を活用する
私達は誰でも多かれ少なかれ失敗経験があります。
今注目されているものや、興味あるものに対しての失敗談は例え他人の事であっても活用する価値はあります。
「ある有能な経営者が破産に追い込まれた痛恨のミス」のように自身の事ではなく、他人の情報を入手したものも活用できるのです。



9、問いかけで好奇心を掻き立てる
私達人間は本来好奇心旺盛な生き物です。
タイトルを読者に向けた質問形式にすることで、好奇心を掻き立て記事を読んでもらえる可能性は高まるのです。



10、各要素を二重にして活用する
1~9の要素を幾つか選択し二重、或は三重の活用をすれば、効果も二重、三重で期待できます。
例えば「失敗の理由が明らかになったおかげで、パソコンが苦手だった私にもできた超シンプルな稼ぎ方!」のようなタイトルです。




以上、『記事へ引き込むキッカケを作る10の技法』を紹介しました。

私達ブロガーにとって魅力的なタイトルを作り続けることは決して簡単な事ではありませんが、この10の技法を参考にして有効なコンテンツマーケティングを意識して頂ければ幸いです。

※テーマ・文章作成には以下の記事も参考にしてみて下さい。
『優れたライターに必要な35の鉄則』
『ブログ記事を魅力的にみせる5つの秘訣』
『読者を説得する記事作りのポイント5つ』
『購買意欲を喚起するストーリーの作り方』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ブログで稼ぐ方法まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント