FC2ブログ

ブログの副業は計画段階で成功と失敗が決まる

目的を明確にしてブログ運営の計画を立案する


アフィリエイトなどのネットビジネスでブログを活用する人は多く、毎月数十万円~数百万円にも及ぶネット収入を稼ぎ出すブロガーも多くいます。


但し、ブログの収益化を目指す人の母数と比較すれば、成功者は一握りと言わざるを得ません。


多くのブロガーは、殆どお金を稼ぐ事ができずに、途中で諦めてしまうことが多いのです。


では、しっかりと稼げるブログと稼げないブログの違いはどこにあるのでしょうか?


実は、ブログが稼げるか否かは、記事作成などを始める計画段階で7~8割方が決まってしまうと言っても過言ではないのです。


ただ漠然と記事を書き続けても、ブログで稼げるようにはなりません。


「誰に向けたどのような情報を公開していくのか」「読者にはどのようなメリットがあるのか」などを明確にして、先々に作成する記事の土台となる設計図を作らなければ稼げるブログは構築できません。


しっかりとブログ運営の計画立案をすることで、以下のようなメリットが期待できます。



ブログ運営の挫折を予防して長期継続を可能にする


計画性のないブログは、まだまだ作りの浅い段階でもネタ切れを起こしたりして、記事作成を苦痛に感じるような事態に陥る可能性があります。

計画を立てることで、コンセプトは明確になり、コンセプトに関連したキーワードを幾つも抽出することができるようになります。

それに沿って、個別記事のテーマを決めていけば、当面はネタ切れを防ぐことができ、ブログの長期運営に役立ちます。



類似コンテンツの作成を防ぎSEO対策に繋がる


他人の記事をコピペすることはSEO上マイナス評価を受ける可能性が高くなりますし、そのような行為はマナー違反です。

しかし、このような行為以外にも、自分で文章を考えて記事作成しているにも拘らず、ペナルティーの対象となる事があります。

以前作成した事を忘れて、内容が酷似するような、或は、意味合いが同じような記事を作成した場合もGoogleがコピーコンテンツと判断する可能性があるのです。

このような似たような記事を作成しない為には、やはり、作成以前にブログ運営の計画を立てることが大切であり、後にSEO対策としても役立つと言えるでしょう。



価値ある適切な情報発信ができる


しっかりと計画を立ててからブログの作成作業を開始することで、コンセプトに沿った軸のブレないコンテンツが出来上がっていきます。

既に計画したテーマを考慮しながら内容の濃い個別記事を作成していく事で、ブログの更新を繰り返すほどに専門性の高いコンテンツが出来上がり、価値ある適切な情報が発信できるようになるのです。

計画立案段階で想定した、ターゲットとなる特定の読者層が求めるブログ構築が実現できます。





ブログ運営の計画を立案する方法


遠回りせずにブログの収益化を可能にしていくには、以下の8つを明確にすることが求められます。


ターゲットとなる読者層を明確にする(年齢、職業、趣味、居住地域、関連する悩みなど)


ブログの基本構造を設計する(トップページ、カテゴリーページ、個別記事の役割を明確にする)


ブログのメインコンテンツを設計する(絶対に読んでもらいたいページへ読者が迷うことなく訪問できるようにする)

ブログのサブコンテンツを設計する(質の高いサブコンテンツを作成して数多く蓄積してロングテールが拾えるようにする)


キラーページの設計を考える(購入方法、比較、ランキングなど、成約に繋げることを目的としたページを考える)

ブログの必要記事数を算出する(ブログの設計段階で必要と判断したワードに沿って、30~50記事分のタイトルを仮決定する)


完成までの作業時間を算出して目標を設定する(必要な記事数算出と1記事あたりのボリュームラインを決めて、作業時間を明確にする)


収益目標を設定する(マインドを高める意味合いも含めて将来像を明確にする)





まとめ


ブログ運営の計画立案と言っても、そもそも知識や経験がなく手探りの状態でブログやアフィリエイトを始める人が多いと思います。


そのような方にも、私の経験を基にできるだけ早く成果に繋げられる計画立案を考えてみました。


是非、参考にしてチャレンジしてみて下さい。




以上、『ブログの副業は計画段階で成功と失敗が決まる』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ブログで稼ぐ方法まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント