購買意欲を喚起するストーリーの作り方

優れた記事はコンテンツマーケティングを加速させる


ここ数年の最も有効なSEO対策優れたコンテンツを作り提供することであると言われています。

ブログ運営を成功させるのであれば、専門性が高く内容の充実した記事作成を行い、小まめに更新していくことが必要です。
そしてこの作業こそが優れたコンテンツを作成し提供していくことになるのです。


更にコンテンツマーケティングを加速させるには、ユーザーの購買意欲を喚起する記事作りが必要となります。

単純に商品をゴリ押しする記事を作るのではなく、ユーザーが自然な流れで納得できるストーリーを構築しなくてはいけないのです。





ストーリー仕立てのサイト構築とは


購買意欲を自然な流れで掻き立てるには、サイト構築の全てにおいてストーリー仕立てで作られていることが重要なポイントとなってきます。

・冒頭でユーザーの好奇心を搔き立て注目を引く

・一歩踏み込めば、もっと知りたくなるような導線が引かれている

・最後にユーザーが納得し、更に他の人達へ伝えたくなるような結論が構築されている


大まかに良いストーリーの条件を並べるとこのような感じになります。




人間のニーズを利用する


良いストーリー展開は、上手に人間のニーズを利用しています。
人間のニーズの根本的なものの一つが「知りたい」と言うニーズです。

例えば、ネットビジネス初心者が知りたい情報は「ネットの稼ぎ方」です。
更に細かく見ると「難しいのか、簡単なのか」「自分にもできるのか」「どのくらいの期間で、いくらぐらい稼げるのか」などです。

このニーズを順序立てて満たしてあげるような導線を構築すれば、ネットビジネスに少しでも興味あるユーザーは引き込まれていきます。




感情を込めることで共感を誘う


記事に感情を込めることは、良い方向に作用する場合と悪い方向に作用する場合の二通りがあります。

悪い方向へ作用する場合は、自分の感情をユーザーへ押し付けるような記事作成をしている時です。
良い方向へ作用するように導くには、ユーザーの共感を得なくてはいけません。

人間の感情は様々です。
「幸せ、悲しみ、衝撃、不安、期待、矛盾」などなど。

では、あなたがネットビジネスを始めようとした時にはどのような感情を持っていたでしょうか。

やはり色々ですよね。

期待もあれば不安もあり、疑いもあれば、時には怒りもあったのではないでしょうか?

つまり、ユーザーの不安や迷いを解消するような記事や、時にユーザーの苦労に共感するような記事や、そして期待に応えるアイディアの提案など、ユーザーが持つであろう感情を想定し、自分の感情も込めることで共感を呼ぶことになるのです。




有用性の意識を絶対忘れない


優良なコンテンツである為には、ユーザーに役立つ情報であることが前提となります。

ストーリーの構築を考えていると、色々なテクニカルなアイディアなどが頭を巡り、ユーザーをコントロールすることのみに固執してしまいがちです。

例えば私の場合はネットで稼ぐ方法を提供しながら、その恩恵として利益を得られるスキームを構築しています。
ですから、自分が利益を得る以前に、ユーザーがネットビジネスで満足してもらわなくてはいけないのです。

ユーザーのコントロールばかりを意識したサイトは、自己満足や利益優先が前面に露呈してしまいます。
結果的にユーザーの離脱を招く可能性が高くなりますので、常にユーザーの利益、ユーザーの満足を念頭に置いてサイト構築することが大切なのです。




以上、『購買意欲を喚起するストーリーの作り方』を紹介しました。

サイト構築でストーリーを持たせることが重要であることがおわかり頂けたと思います。

記事作成だけでなく、サイトの様々なパーツの配置やサイト全体のデザインなどもストーリーにリンクしたもの、ストーリーを引き立てるものでなくてはいけません。

良いストーリーを構築するには、サイトにリンクする全てのものが関係してくるのです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ブログで稼ぐ方法まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント