読者を引き付ける見出しにする4つの技法

読者の行動は見出しで決まる


ブログ運営を成功させるには幾つかのポイントがあります。

中でも、ブログタイトルや記事タイトルなどの見出し選定は最も重要なポイントの一つでしょう。


読者があなたのブログへ訪問し、真っ先に目に飛び込んでくるのがブログタイトルです。

そして、次に目に入る活字は記事タイトルと最初の数行の記事文章です。

ブログの第一印象は配色やデザイン、そして見出しで決まります。

その後、ページ内の記事や別のページの記事を閲覧するか否かは殆どの読者が見出しで判断します。


したがって、ブログタイトルでユーザーの興味を引き、更に記事タイトルと最初の数行の記事文章が魅力的なものであれば、読者をコンテンツの奥深くまで誘導できる可能性が高まるのです。

ブログ内の回遊率が高まれば、色々な効果が期待できます。
アフィリエイトの売上向上に繋がる可能性も高くなるでしょうし、掲載記事に好感を持てばリピーターになる可能性も高まります。

このように見出しには、その後の読者の行動を左右する重要な役割があると言っても過言ではないわけです。

そこで今回は私も記事作成時に心がけている、魅力的な見出しを作るための4つの技法を紹介したいと思います。





魅力的な見出しへ変身させる4つの技法


1、読者へ質問をする


文章の冒頭を読者に対する質問形式にすることは、好奇心を誘い読者に考えさせる働きがあります。

読者が考えることから入り込むことにより、私達ブロガーが記事作成する時と同じように、積極的なブログ関与を促す効果がありますから、最後まで記事を読んでもらえたり、他の関連記事も回遊してもらえる可能性が高まるのです。




2、エピソードを引用して共有する


自分の経験や、本や自分以外の人から得た貴重な情報などを引用することは、瞬間的に読者を引き付け、記事内容に対する共有を生む力があります。

例えば、誰もが知る有名人の言葉などを引用したりして、見出しを作ることなども大きな効果を発揮することがあります。




3、読者の想像力を搔き立てる


「この成功法を実践したあなたの2週間後の姿を想像してみて下さい」と言うような直接的に読者へ想像を促す記事作りも効果的です。

また、「今までの失敗は●●を怠っていたのではないですか?」と言うような過去を思い出させることも読者の想像力を活性化させる働きがあります。

読者の想像力をあなたが意図する方向へ導いてあげる記事作成をしていれば、あながた望む行動へと読者を動かすことが可能になってきます。




4、興味深い統計値を引用する


作成しようとしている記事内容について、興味深い類似の事実で書きはじめることも大きな効果を発揮します。

特にそのデータが読者にとってショッキングであればあるほど効果は大きくなります。

例えば、ネットビジネスで稼げていない人に対し「実践して1週間以内に96%の人が10万円以上を稼ぎ出しました!」と言うような見出しは興味を引きますし、記事内容で96%の数字が更に信憑性あるものであれば、何らかの利益に繋がっていく可能性が極めて高くなっていきます。




以上、『読者を引き付ける見出しにする4つの技法』を紹介しました。

私もまだまだブロガーとして未熟ですが、常に初見で読者へインパクトを与えられるようなブログを作っていきたいと考えています。

今回紹介した4つのポイントを意識して、見出しや記事内容を作成することは今すぐ始められることです。

あなたも是非活用してみて下さい。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『購買意欲を喚起するストーリーの作り方』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント