読者が好むメルマガを作る5つのポイント

好まれるメルマガの条件は良質の記事だけではない


ネットビジネスにおいて、メルマガを活用している人は多くいますし、今も有効な手段と言えます。

メルマガを活用して収入を得る方法は色々ありますが、大きく分けると2つあります。

有料メルマガの発行で収入を得る方法と、メルマガへ広告を掲載して収入を得る方法です。

また、メルマガと他の媒体をリンクさせることでメルマガから直接ではなく間接的に収入を得たり、何らかの効果が期待できます。

例えば、ブログやサイトとリンクすることで、読者の増加や囲い込みが可能になりますから、アフィリエイトなどの収入増加へ大きく貢献できるわけです。


しかし、メルマガの効果を発揮するには、それなりの読者数を確保しなくてはいけません。

先ず、多くの読者を募る為には、毎回発行する記事が魅力的なものであることが前提となります。

魅力に感じた読者は、長期間に亘りメルマガを購読し続けてくれるでしょうし、人気メルマガとしてのブランド力が付けば新規の読者もどんどん増えていくことでしょう。

逆に折角メルマガ登録してくれたのに記事に魅力がなければ、すぐに登録解除に繋がることもあります。

メルマガへの登録経験がある方なら、登録はしたものの魅力に欠けるメルマガだったので「即登録解除」「即迷惑フォルダ行き」にしてしまった経験もあるのではないでしょうか?


このように先ずは魅力的な記事を作ることが前提となるのですが、読者へ好まれるメルマガを作るには記事以外にも注意しなくてはいけない点が幾つかあります。

記事内容は優れているのに、他の何かが原因で読者に受入れてもらえないメルマガもあると言うことです。

では、記事以外に好まれるメルマガの条件とはどんなことなのでしょうか?





好まれるメルマガを作る5つのポイント


1、メルマガの解除方法は一目でわかるように記載する


メルマガ登録が解除されることを阻止する為に、解除方法を不透明にする発行者がいます。
いくら解除方法をわかり難くしても、メルマガの内容が魅力的でなければ次回から読まれることはないでしょう。
また、このようなメルマガは読者から悪質なものと判断され、記事内容に関わらず次回以降読むことを止めてしまう可能性もありますので、解除方法は必ずわかりやすく記載するようにしましょう。




2、発行者への連絡先を記載する


メルマガに対する質問や意見を聞く姿勢は読者との信頼関係を築きます。
また、読者との情報交換は今後のメルマガ発行のヒントになったり、色々な気付きをもたらしてくれます。
何かを一方的に売りつけるような乱暴な内容で、一切読者の声が届かないようなメルマガは敬遠されてしまいます。




3、タイトル・目次・詳細・結論で構成する


読者がわかりやすく流れるような読み方ができるようにするには、メルマガ全体に流れを加える必要があります。
先ず、インパクトあるタイトルで目を引き、目次で大まかな伝えたいことの流れを把握してもらい、詳細な記事へと突入する流れが一般的です。
そして、最後には発行者の持論なども盛り込んだ結論で締めくくると、とても読みやすく解りやすい内容になるはずです。




4、目を引く装飾で差をつける


メルマガで最も重要なのは文章の内容ですが、だからと言って永遠と文字だけを羅列しても読者は疲れてしまいます。
各文章の項目ごとに装飾を入れて見やすくすることは有効に働きます。
また、ありきたりのものではなく、少し凝った装飾を施すことでも読者の目を引くことができるでしょう。

★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡

★*:;;:*★*:;;;:*★*:;;;:*★*:;;;:*★*:;;;:*★

\  ●  /
\ ( ̄ ̄) /       
\( ̄ ̄ ̄ ̄)/ 
┣━━巛━━┫

このような感じのものなど色々なメルマガ装飾があります。




5、情報を小出しにしない


メルマガへ登録した読者は特別な情報を期待しています。
後のネタ切れを心配して情報を小出しにしたり、情報の提供ごとにお金が発生するような仕組みを考えたりすることは読者を落胆させ離脱を招きます。
自分の知っている知識や情報は全て出し切るつもりで記事を作った方が発行者のスキルもアップしますし、長期的な読者の増加にも繋がります。




以上、『読者が好むメルマガを作る5つのポイント』を紹介しました。

メルマガもブログも読者がいなければ、何の効果も生まれません。
良いものを作るには、常に読者の目線を忘れないことが大切です。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ネットで稼ぐ方法まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント