読者を説得する記事作りのポイント5つ

読者の行動を喚起する説得力を身につける


ブログ運営を成功させるにはアクセス数の増加が必要不可欠です。

有効なSEO対策をすることによって、検索上位に表示されアクセス数を伸ばすことは可能です。

しかし、多くのネットユーザーにあなたのブログをアクセスしてもらうことは第一関門の突破であって、ユーザーがブログへ訪問したからと言って、それだけで利益に繋がるわけではありません。

利益に繋げるには、ブログの中身に更に興味を持ってもらい色々な記事を回遊してもらわなくてはいけませんし、最終的に購買や登録などの利益に繋がる場所へしっかり誘導できる仕組み作りが必要です。


優良な記事作りは有効なコンテンツとなり読者の増加を呼び込みます。

更に記事の要所要所で次の場所へ移動してもらう為の導線作りが必要となります。

読者が私達ブロガーが望む行動を起こすか否かは、記事中の要所要所で現れる説得に応じるか否かなのです。

記事内容が説得力を持っていれば、ユーザーが行動を起こす可能性が高くなりますし、説得力がなければ、離脱する可能性が高まり、二度と訪れない可能性さえあります。


では、ブログ読者にサイト内を回遊してもらい、私達が望む行動を起こしてもらえるように説得する記事作りとはどのようなものなのでしょうか?




1、返報性を促す記事作り


返報性とは、誰かに何かを与えた時に、恩を返したくなる心理状況のことを言います。
返報性を意識した記事作りをすれば、ユーザーへ直接こちらからお願いしなくても、ユーザーは行動を起こす可能性が高まります。

例えば、何らかの商品(或いは部品)や情報の一部を無償で提供することによって、その後、全商品(或いは部品)、全情報を購入する可能性が高まります。これは返報性による作用と言えます。

有益な情報の一部を無償で提供し、情報全体の購買意欲を煽るようなやり方もよく目にしますね。

また、譲歩することでも返報性は利用できます。
大きな(或いは困難な)お願いをした場合には断られる可能性が高いですが、その後に譲歩して小さな(或いは簡単な)お願いをした場合、2度目にはお願いされた側も、1度断っている分「今度は譲歩して承諾しなくては」と言う返報性の作用が働きます。

この返報性の作用を利用して記事作成すれば、やはりユーザーが行動へ移行する可能性は高くなるのです。




2、一貫性のある記事作りをする


サイト作りはコンセプトに沿って、一貫性のあるものでなければいけません。

一貫性のないものは、信用、信頼に欠けます。サイト内容に一貫性があり、専門性の高い内容であれば、ユーザーの行動は都度決断をする必要がなくなります。

なぜなら、十分に信用と信頼を得ていますから、最初の決断のみで後の決断のハードルを低く設定できるからです。

結果的にサイト内から多くの商品を定期的に購入してくれたり、登録作業などをしてくれるようになります。




3、価値の証明をサイトへ盛り込む


ユーザーが行動を決断する材料の一つが、価値あるものだと言うことを自分以外に証明している人がいることです。

商品購入者の声や、読者の感想などは提供している価値を証明してくれる大きな武器となります。

特に初回訪問ユーザーなどは、自分以外のユーザーが価値を証明していることで、安心度合いが一気に増します。




4、ユーザーの好みを知る


私のサイトはネットビジネスのノウハウを提供しています。特に初心者の方や、あまりビジネスが上手くいっていない人へ向けたメッセージが多いサイト作りになっています。

例えば、ファッションブランドの広告などでは、容姿の優れたモデルなどを活用することで、ユーザーの憧れを煽り、ファッションが更に引き立ちます。

ネットビジネス初心者の方が好むサイトは、わかりやすく解説され、実践に移行しやすく、そして本当に稼げるものです。更に、徐々に自分自身がステップアップできるものは尚好まれます。




5、サイトの希少性を高める


私達は豊富なものを過小評価し、希少なものを過大評価する癖があります。

よく見かけるのが、「残り●●個」「残り●日」と言ったフレーズです。
今までは、希少でなかったものが、急に希少価値を増すことで、衝動的な購買意欲を煽ったりします。




以上、『読者を説得する記事作りのポイント5つ』をご紹介しました。

強制的に訪問ユーザーを誘導するような、押し売り的な内容の記事は、敬遠されてしまいます。

ユーザーが自然に、ユーザー自身の判断で行動を起こせるような記事作りを心がけましょう。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT >『ブログで稼ぐ方法まとめ』

関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント